自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
LIttle Lucy MINT CANDY 組み立て&TIPS 10  真空管 アルトイズ ポタアン
2017年06月18日 (日) | 編集 |
IMG_3299

ケーシングに向かって仕上げましょう!

IMG_3311

穴開け直後は、裏側はこんな感じ・・・

変形はしてるし、バリがひどい・・・

IMG_3306

ニッパでできる限り、バリを取り・・・

やすりがけと

指で押し戻す・・・


IMG_3305

キレイに仕上がります・・・


IMG_3302

次は、底面を絶縁します!

IMG_3303

材質は、みなさんにお任せしますが、

ひどい例として、ガムテープでやってみます!


IMG_3304

こんな感じ!

これでも、基板が直接ケースに当たることを

防げます!


みなさんは、

もっと豪華な「絶縁材」を使ってくださいね!


これで、ケーシングできます!



Shanling M2S 買いました!
2017年06月16日 (金) | 編集 |
IMG_3299


タイムリーなので、脱線して展開!

IMG_3312

Little Lucy MINT CANDYという

真空管(電池管)ポタアンを創ったのは良いが・・


IMG_3313

ポータブル・プレーヤー、

いわゆる、DAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)を持ってない

、という問題が・・・(苦笑)


マズイ・・・(いままでPCから出力を取ってました  苦笑)

実は、基板を設計してるときから、

「何を買うか?」悩んでた


リッチなら、20万、50万といった

なーんも考えずに“超高額”なものを買うが・・・

いろいろな意味で買えない・・・(苦笑)


IMG_3315

「コスパの良いものないか・・・」と、探してたし、

基板ができてからもDAPが決まらない

そこで、Shanling M2Sが

発売されるという、ニュースが・・・


IMG_3317

これは早い時期、4月の下旬にタイムリーに知った

、だが、AliExpress経由とか、

バックオーダーといったことも喧伝され、ためらってた


IMG_3320

スペックは、AK4490EQ、MUSES8920、TPA6120いった

パーツを使いながら、

1098元(現地価格・日本円にすれば

、2万円弱といったところか・・・)という安さ!


IMG_3321

本来なら聴いて判断して買うべきだが、

「うん、これでいいかな?」と思ったまま

今まで過ぎた


そして、こうしてブログを更新してるときに、

ネットで引っかかった、

「おー、日本で取り扱いが始まり、予約受付してるぞー」、


なかなかの好条件だ、

日本の業者がちゃんと輸入してくれて保証がついて、

保護ガラスがついて、レザーケース、

ポイントまで10%ついてくる


旬なネタで、エクスキューズもできるっ!(笑)

IMG_3324

「こりゃー、いくしかないでしょう!」

で先週悩みましたが、

「青」を予約し、

発売日(本日)の前々日14日水曜日発送

、6月15日(木)に到着しました!


Micro SDは難しいことを考えたくないので、

IMG_3318

32GBで、東芝のものを事前に購入

256GBまで対応となっている


そして、Shanling M2SとLittle Lucy MINT CANDYを

接続するための3.5mmステレオケーブルを購入


→ このケーブルは、ポタアン界で、さまざま高額なものが販売されてるが、

私がインプレを書くときに、

「このケーブルで・・・」と言われたくないので、


千石でやっすいOFCのケーブル15cmを買いました(爆)

IMG_3323

Micro SDには、FLACも悪くないけど、とりあえず、WAVですべて書き込みをしました

まったく、何もしないでShanling M2S聴いてみると・・・

おー、そうだった、他の高額なDAPを聴いたことがないので、

評価基準がなく比較できないってことに気がついた(苦笑)


そこで、他社との比較インプレはできないことを先に断ってから、

インプレをお伝えしようと思う


さすがに、エージングなしの一発目は、“寝てるな・・・”だった、

30分くらい鳴らして聴くと

「おーこの解像度・帯域バランスなら充分じゃないか・・・」だ


このまま聴き続けるのも、・・・なので、

エージング信号を10時間以上くれてやった

(なんせ、まだ1日経ってませんから・・・)


本来なら、100時間程度はエージングした後に述べるのがよろしいか、

と思うが「今なら、私と同じ好条件で買えるっ!」ので、

インプレをお伝えします


この値段で、このスペック、この音質なら、

“買い!” と判断します!


2017 6月時点で、コスト・パフォーマンスは抜群!と感じます

変なクセもなく、解像度も高く、帯域バランスも問題ないので・・・

飛び抜けてスゴイ音質とは感じませんが・・・

(ま、私の使ってるイヤホンも高級品じゃないし・・・)


Little Lucy MINT CANDYのアルトイズ缶より若干小さく、

大きさ的にも合ってますねー(笑)


個人的には、良い買い物だったと感じてます!
LIttle Lucy MINT CANDY 組み立て&TIPS 9  真空管 アルトイズ ポタアン
2017年06月14日 (水) | 編集 |
みなさん、なんとか音出しまで

いきましたか?


トリマーの調整で、いろいろ音質が変わるので

愉しさを感じていただけたかな?


さて、今回は、ケーシングいきましょう!

IMG_3280

ダウンロードした型紙を

キレイに切り抜きます!


IMG_3281

正確に折って

しっかりセロテープでとめます!


IMG_3282

水平になるように

よく見ましょう!


IMG_3284

こっちもキッチリ!

IMG_3283.jpg

いざ、「ポンチ打ち」

IMG_3286

結果的に、

弱く打ってもダメだけど


強く打ち過ぎると

缶の変形がひどいです!


IMG_3287

でも、最終的には、

指で押し戻して修正できます!


落ち着いて、がんばりましょう!