自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Little Buster ダブル・アップ スイッチ いかが?
2011年07月01日 (金) | 編集 |
IMG_3139

もう“耳タコ”だろうけど、イミるのが目的じゃないので “さらなるパワーアップ回路” を 追加するっ!

Little Busterの出力段(パワー段)のカソード抵抗は2.7K


ここに同じ値の2.7Kをパラうことで 「出力を2倍増させる回路」を追加する

ブライトに使うon-off スイッチを使う


これまた、難しいことはない

さまざまなMOD(改造)の可能性を考えて、1個抵抗 or コンデンサーを追加できるよう基板にすでに組み込んである


以下の写真をご覧いただきたい!


IMG_3137

ここに、2.7Kの抵抗をつけるわけだ

IMG_3138


そして、通常の状態と“ダブル・アップ”モードとを切り替える


簡単で、なかなかグッドなアイデアでしょっ!(自画自賛?)

IMG_3141

このように取り付ければOK!

IMG_3139


いちおう、電気的な解説


カソード抵抗をパラレル(並列)にすることで、抵抗値を1/2にする

抵抗値が半分になったことで、流れる電流量が2倍になり出力も2倍になる

実際の動作を考えると0.5Wのプレート損失ってことは、計算すると、「たった2mAしか流してない」

これが2倍の4mAになったとしても1Wのプレート損失

規格表によれば規格内!(爆)

さて、ご本家だって、最大定格の165Vを超えて250Vくれてる


いまさら定格を守っても・・・(爆)

この際、1Wなんて“可愛い使い方”なんてしないで、2Wくらい喰わして“男気のある使い方”も “あり” とも思うが・・・(爆)

なんせ、6021Wってタマ自体、1,000円程度ですから・・・(爆)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。