自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Little Buster Mod(改造?)して組み立てるのだ!
2011年06月22日 (水) | 編集 |
IMG_3115

見本は、“ご本家”に準じて作ったが、イミるのが目的じゃないので、2台目以降はMOD(改造) or 定数変更して組み上げる

そのうちの1つがこれっ!

「ダブル ブライト」

IMG_3116

なんのことはない、2種類のコンデンサーでブライトスイッチを切り替えるのだ!

「オリジナルの定数は、20pf」となってるが、実際は20pfだとあまり音質が変化しない

なのでできちんと変化するように定数を変更し、部品表では、10pfを推奨した

これだと変化を感じるものの、「もっとブライトな音質に変化させたいっ!」という人もいるだろう

IMG_3117

『そこで、10pf以上に少ないコンデンサー・・・、この際「1pf」を試してみるか?』

と考えた、だが、“やりすぎたぁ~”も困るので、Thickness,Mellowで使ってる SPDT(single pole double throw)のスイッチを使ってMOD(改造)して組み上げる

「中点はスルー、両サイドでブライトの切り替え」のパターンで「5pfと1pfを切り替えるのだっ!」

写真をご覧いただきたい

IMG_3115

ここで、1つ申し上げないとならないことが・・・

よく目立つイエローの配線材を使い切ってしまったので、グリーンの配線材に変更した(苦笑)

このグリーンの配線材(イエローの配線材)は、めいっぱい短くすること!

→ うかつに長く引き回すと「発振」します

→ 電気的に解説すると、プレートからの出力信号なので“思いっきり ハイ インピーダンス”、これを引き倒すので最短とするのが常識 なんです

写真をご覧いただくと「な~んだこんな感じか・・・」ということがよくおわかりいただけると思う

このように、スイッチにコンデンサーをくっつけます

そして、配線材はこのようにつけます

スイッチの中点からボリュームの2番へ行く線を最短にしましょう!
IMG_3118

ブライト部分の基板のハンダづけはこうなります

オリジナルでは、レッドの配線材だけをハンダづけするところに、ブラウン(茶色)の配線材もダブルでつけます

グリーン(イエロー)の配線材のハンダづけは変更なく、写真のようにつけます

IMG_3119

→ ボリュームからの線は別のところにつけるので間違えてつけないようにっ!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やまださん どうもっ!

そういう手もあるか・・・

みなさん、考えてますね~!

スゴイ!
2011/06/23(Thu) 22:43 | URL  | LUCY #-[ 編集]
私は5ピコを二個付けて、シングルとパラで5ピコと10ピコと切り替わるようにしましたが結果はどうかな?確認はまだこれからです。
2011/06/23(Thu) 12:48 | URL  | やまだ #XD/8Df/M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック