自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Little Buster HAMMOND 1590B の塗装(ペイント)
2011年05月20日 (金) | 編集 |
「シャーシ穴あけ」の次は、「塗装(ペイント)」

アンプの性能が高いことは最重要だが、ルックス悪いは損!


みなさんもがんばって、「小さくて、キッチュなルックス、だけど、超本格的真空管アンプで音がステキ!」に仕上げよう!

ここまで、ついてきてるかな?

IMG_2976

今回、たどり着いたのは「マニキュア(ネイル・エナメル,ネイルカラー)で塗装」

なんで?

というのも、たまたま“100均”に行ったとき、マニキュア(ネイル・エナメル)の脇を通った

そこで、「ハッと気づいた、ひらめいた!!」

ラメのカラーがたくさん・・・ おまけに、100円!(プラカラーだって100円じゃ買えない!)

水性塗料じゃない、バッチリ “シンナー系” で塗膜が強いのもステキ!

IMG_2928

お~欲しかった「紫メタ,ピンクメタ」があるぞ~、何種類も!!

おわ~、自分で調色必要ない!!(爆) 選べるぞ~! すばらしすぎる!!

「問題は、塗装後の硬度」 これは、テストしかない!!


IMG_2977

つ~ことで、数種買い込み、HAMMOND 1590Bに塗装、乾燥後、カッターでグリグリと意地悪なテスト

ウレタン焼き付けの強度・耐久性は望むべくもないが、かなり硬い・強い!!


ということで今回使ってみることにした

テスト時にサフェーサー,プライマーといった「下地処理」せず、ラクして“ダイレクト塗り”

それなりの強度だったんで、「下地処理」する気がない(苦笑)

だが、ラクするためHAMMOND 1590Bを「サンドペーパーで、表面にキズをつけマニキュアを喰い付かせよう!!」とは考えた

捜したところ#320があったので、試しに数秒こすってみた 下の写真をご覧いただきたい!!

IMG_3047

HAMMOND 1590Bの仕上げの悪さ?が “ものすごい功を奏して”、ちょっとこすっただけで、いともあっさりアルミの地肌のシルバーがバッチリ現れるっ!!

「もしかして、鏡面仕上げも簡単にできるんじゃない?」ってくらい銀色になるんでビックリ!!

そこで、テレビを観ながら、ゴミ箱に手を突っ込んで(この不精者!)約1時間くらい適当にペーパーがけしたらキレイなヘアラインに仕上がってしまった!!(驚)

IMG_2933

「なんか、これを塗装するのもおバカっぽい!もったいない!」まで仕上がった(驚)


無加工のオリジナルとの比較写真(みごとに色が違う!)

IMG_3054

サンダーを持ってる方なら、1面数分でできちゃいますね~(現在2,3,4号機で試した)

IMG_3049

サンダーの場合、番手は粗めにしましょう! #240でペーパーがけしたのが、下の写真

IMG_3051

想像どおり、番手以上にこまかく仕上がる! “かなり鏡面になってる”のがおわかりいただけると思います

おそらく数人は、“鏡面仕上げ”になっちゃうでしょう!(笑)

つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック