自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Little Buster HAMMOND 1590Bのシャーシ加工
2011年05月18日 (水) | 編集 |
購入者には、PDFで「型紙」を添付してお送りしました

これをプリント・アウトして切り抜きましょう!

非常に便利なのが、トップ・パネルの“裏焼き”

これをHAMMOND 1590Bのトップ・パネルに貼れば簡単!

では、手順

1.HAMMOND 1590Bのトップ・パネルにセンターラインを引きます


IMG_3038

2.「型紙」にセンターラインを引いてあるので、これを基準に重ねればバッチリ!


IMG_3039

3.ズレないようにセロテープで固定

(私はセロテープでラクしちゃいましたが・・・苦笑)のりでバッチリくっつけたほうがベターです

IMG_3041

4.正確にポンチを打つ!

IMG_3040


大事なこと

 「『型紙』をいかにズラさず正確に打

てるか?」がポイント!


⇒ これだけ考えて、やればOK!

1.一発目は思いっきりポンチを打ち込まないこと!(爆)

→ これやるとバッチリズレます!(爆)

2.穴を開けるところすべてに正確に、軽くポンチを打つ

3.「型紙」をハズす

4.ここで、ポンチをバッチリ打つ!!(2度打ち)

IMG_3043

5.2.5mmとか小さめのドリルの刃から始める

6.落ち着いて、正確に穴を開ける


7.必要な穴は、3mmからなので3mmで拡張する

8.次に必要な穴は、4mmなので4mmで拡張する

9.以下、同じ

ドリルの穴の拡張は、ステップを細か

く刻むこと!!


IMG_3043

「3mm次6mm」のように “一発大拡張” はラクだが、ズレやすく、狂いが大きく、『最終的に入らない!!』ハメに陥りやすい!

IMG_3045

木工だと、1~2mm狂っても“なんと

かなることが多い”ですが、金工(アル

ミなんでラクな方)だと、0.5mmの狂

いで“どうしようもない!”ことが多

い!(苦笑)


IMG_3046

2作目は (Nano Headと同じパターンの例として)“スピーカー端子をつけないバージョン” で作りますね!

がんばりましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。