自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W124 AMG 300CE 3.4-4V メンテナンス ヒューズ全交換 
2011年03月16日 (水) | 編集 |
IMG_2440
メルセデス ベンツ AMG W124 300CE 3.4-4V

ヒューズを発注、そして、到着

IMG_2442

接触抵抗を少しでも減らすために、接

点をバッチリ磨いた

Lttle Lucy fully completed 720

そして、“赤ケイグ”を塗った

IMG_2444

IMG_2447

このように“事前準備”をしてから、ヒューズを全交換!

Lttle Lucy fully completed 717

作業の最中に、ヒューズ・ボックスから

ボディーアース(オーディオで言う

シャーシ・アース)を発見!!


「このアースも“オカルト現象”に係わってる可能性は否定できない!せっかくだから、ここからもダイレクト・バックしておこう! ヒューズのアースなので大電力用の太い配線材は必要ない!」

ということで、8 AWG(ま、これでもけっこう太い)でダイレクト・バック(写真では、黒い半透明の配線材が8 AWGのケーブル)

全作業を終え、イグニション・オン!

テストしてみる・・・

パワーウインドー開閉

オーディオの操作


おっ、ウインドーはドア閉めたままでも

ちゃんと開閉するし、4つスピーカーが

ず~っと鳴ってるっ! “オカルト現

象”が出ないぞ! やったね!

こんなことで解消しちゃってイイのかな?って疑問は残るし、ヒューズ・ボックスのアースをダイレクト・バックしたので、切り分けて確認しないと「どっちが犯人か?」特定できないが、「ま、解消しちゃったので良し!」とする(爆)

→ まだまだ、メンテするところがバッチリあるので、こんなことにこだわっても・・・(苦笑)

「ヒューズが犯人かっ」って感じがしますが・・・

結論として、ちまたで言われてる「ヒューズ全交換」は、とりあえず真実、とします

そして、今回の経験から言えることは、(ヒューズ全交換は)高額じゃない(2,000円弱)ので、中古車を買ったり、譲り受けたときは、最初に行うメンテの1つ、にしても良いでしょう

よけいなトラブル抑止になり、そして、お手軽なのでお薦めします!

さて、次は何が出てくるでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お~、情報ありがとうございました!
2011/03/21(Mon) 23:06 | URL  | RYU #-[ 編集]
RYUさん どうも!

門型、一般的な「ブレードヒューズ」は、こういったトラブルは、あまりないそうです
2011/03/21(Mon) 20:16 | URL  | LUCY #-[ 編集]
BOSCHのヒューズなんですね!
我が家はトヨタなので、門型のやつです。
やっぱり全交換するといいのかなあ?
2011/03/18(Fri) 22:59 | URL  | RYU #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック