自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JBL LE5-2,LE10(仮),そしてSP-50(サンスイ) 2
2010年09月27日 (月) | 編集 |
IMG_2301

そこで、JBLの30cm(12インチ)のウーハーを置いてみたが、ムリっ!

結論として、このボックスには25cm(10インチ)が限界!

できれば、12インチを組み合わせて“最強”をねらいたかったぜっ!

脱線するが・・・

JBL最大ボイスコイル径は4インチ=最大・最強のマグネット

これは “基本的に” 15インチに限られる

これより小さい、10,8インチのモデルは、「口径15インチ&ボイスコイル4インチ」を基準として、「比率でボイスコイル径&マグネットをスケールダウン」して搭載

だが、唯一12インチだけは比率でスケールダウンさせず(流用によるコストダウン?)、そのまま15インチ用の4インチボイスコイルを使ってる(123系のスピーカーを除く)

つまり、JBLでは、12インチが15インチ用をそのまま使ってるため、マグネット&ボイスコイル径が比率的に“最強・最大”なのだ!

だが、ウーハーは10インチから選ばざるを得ない(く~)

話を元に戻して・・・

JBLで10インチのスピーカー、それも、アルニコとなると選択肢がひどく狭い


口径が “中途半端” なせいか、フルレンジ、ミッドバス、ウーハーが混在、、組み合わせにもあまり使われない(使いづらい?)こともあって、種類も少ない

IMG_2318

オーソドックスに考えれば、2121がベストだが、こいつはプレミアがつき高騰、それになかなか出てこない!

よって、ユーザーも少なく、あまり手放さないせいか、JBLで10インチ系の良いモノの入手は難しい

IMG_2316

私は、かなり前からこのことを聞かされてたので、1セットだけは良品を確保してある!

これは、ウレタンエッジでない「ゴムエッジ」バージョン


とりあえず、加水分解でとろけない!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。