自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NE555のSW電源(スイッチング電源)
2010年09月17日 (金) | 編集 |
SW Power Supply NE555

新規に電源をデザインする・・・

いままでMAX1771EPA+を使ってSW電源を作ってきたが、今回NE555(タイマー)をテストする

なぜか?、

入手容易、おまけに、安価(100円しないだろう!)これはすばらしい!

なんせ、MAX1771 EPA+は入手しづらいうえに、けっこう高い!(1,000円以下は難しい?)

さらに、NE555でも理論値上では、500KHzとMAX1771 EPA+を超えるハイスピードのSW電源が作れることがわかった

とりあえず、メリットしかない!(爆)

ま、理論値の500KHzは、ムリだろうが、いくらなんでも6割の300KHzを超えるSW電源にはなるだろう

そう、パーツと回路の配線の取り回しを工夫する!

パーツは、MAX1771 EPA+のときにずいぶん調べたし、テストしたもんね~!(笑)

1.ウルトラハイスピードダイオード(trr<35ns)

2.低ON抵抗(0.5Ω以下)のFET

3.フィルムコン(バツグンに低ESR)

これらでイケると思う

これで、MAX1771 EPA+より速い電源をねらう

最小限の大きさで、できる限り理想配線をねらって考えた

トランジスタも2SC1815という、一番ポピュラーなものにリプレイス!(ナイスでしょ!)


部品点数はどちらも似たような感じ、大きなフィルムコンが1個少ないにもかかわらず、トランジスタが増えたことでMAX1771 EPA+よりちょっとだけ大きくなるなぁ・・・

ただ、NE555のSW電源回路って、かなり回り込むので理想配線をねらいにくい!

最初に挙げたモノを自分で考えたが、これ実際に手組みで組むとかったるい!(笑)

→ 基板の両面を使うことを前提で考えてるので・・・

この配線パターンは、自画自賛だがなかなかうまくできたと思う


最終的には、組んでるときにさらに変更したが・・・(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
流通的に気にすることではないのですが、2SC1815もとうとう新規設計非推奨になってしまいましたね。
2010/09/18(Sat) 00:55 | URL  | やまぐち #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。