自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事?2発でエピ・ピンク鳴る!
2005年12月27日 (火) | 編集 |
 さて、今日は製作記である。

 試作の苦しいところは試作基板を渡されたら、次の日には音出しまで成功させなければならない。音出し後に製作時の問題点、基板のバグがあれば伝えるのだ。これらの意見を参考に基板製作者(じんそんさん)はこのままオーダーを出すか、修正を加えるかどうか?の大事な判断をするのである。

 なので、スピードが最重要課題であり、パーツにこだわったり・いじった作り方は歓迎されないのだが・・・やってしまった。

 それでは、前日お伝えしたことのうち「3」→「素直につくらない」は何をしたか?

1.またしても、ケミコンレスの“スーパーファースト仕様”にしたのだ。(当然、コンデンサーの容量は極端に少なくなっている)
2.ヒートシンクの間の「大容量コンデンサー」を省いていること。(これは結果論だ!といい訳しちゃおう!大きくてピッチに合うものを入れようと思っていて見つからないまま面倒で音出しをしてしまったのだ。)
3.だれも使ったことがない「ピンクのLED(Vrefが高い)」を使ったこと。(これは音がよいかどうかわからない、といわれた。)
4.khimairaさんが使っているルンダール1574というパルストランスを入力の受けに使ってみた。

 結論からすると、これでもイイ音で動作している。

 製作(時系列を追って)

 24日(土)基板を受け取り、愉しく?お話をしながら昼食をとってパーツの買い出し。このときに初めてフラックスを買った。

 脱線するが、実はいままでフラックスを使ってハンダづけをしたことがなかったのだ。(爆)みんなにあぜんとされてしまった。

 そして、びびりまくってのSOP 8発 ハンダづけ!

 もう基板を受け取ってから、このことが頭から離れない!「失敗したらどうしよう! 音出しできなかったらどうしよう!」

 さて、夜23:00すぎから作業開始で1つ1つSOPをハンダづけしていったわけだ。
 緊張しながら基板にフラックスを塗りSOPの位置決め、フラックスの粘性でくっついたところに、セロテープで固定。そして、ひきつりながらのハンダづけ。これを8回も繰り返すのだ。

 1個SOPをつけては、その横のチップコンをハンダづけという順序でやったものだから、結局は、SOPとSOPの間にあるチップコンのハンダづけがやりづらくキツかった。あとで、電話で話してたら、「最初に全部チップコンをつけてから、SOPをつけましょう!」とのこと。(笑)考えてみれば、そりゃそうだ!
 でも、本人はチップコンなど完全に頭にない、SOPしか頭になかったのだ!(爆)
 
 1つSOPをつけては、一休み、チップコンをつけては一休みといった感じで付けていたので、3時間位はかかった。なんで、いちいち休んだのかって? 私はSOPのハンダづけは基本的にできない人なので、これを考えただけで相当な精神的プレッシャーなのだ。

 なんとか、8個やっとの思いでハンダづけを終える。これだけでへとへとである。時間も4:00を過ぎた。

 「寝ようかなぁ」と思って改めて基板をみると、8個のSOPのハンダづけを終えたせいか残りのハンダづけはひどく簡単なものに見えたので、気合いを入れ直して続行!

 6:00ちょっと前に、すべてのハンダづけ&実装完了!

 SOPのブリッジ、ハンダづけを忘れたところがないかどうか?をへろへろな頭と目で確認。

 → 大丈夫と判断

 そうここまでは、「大変、順調だったのだ!」

 ただ、これから先がいけない。
 
 ラクして失敗する典型的なボケをかましてしまった。(実際、失敗してなかったとも言えるが・・・)

 TDA1543のDACの良いところは電源である。こまかいことを気にしなければ+12Vくらいの電源さえあれば、鳴るわけだ。

 みなさんみえてきましたか?
 
 そうです! ラクして「ACアダプター1発」で鳴らそうとしたのです。

 そこで、アダプタージャックをつけ、電源の配線もラクして12Vから9Vへタコ足配線した。

 スイッチ・オン! → ・・・・ 

 ガーン!鳴らない! ちゃんとLED電源もすべてついてるし、SOPのブリッジもない。間違いはない!(いや間違ってたんだってば!そのラクする姿勢がいけなかったんだって!)

 「クリスマス・イブに徹夜して結末がこれかよ!」で、どっと疲れがでて・いじけて寝た。

 勘のイイ人はわかったんじゃないかな? さて、私は何をしでかしたでしょう?

 浅い眠りのままボーッと起きてきて、ふと気がついた。 「アダプターを2つにしてみよう!」

アダプタージャックをつけ、タコ足配線を取り、アダプター2発目をつけてスイッチ・オン

→ 無事?いきなり(何事もなかったかのように)鳴ってる!おまけに、歪んだりおかしな音がしない!

 ⇒ そうです、アダプター1発じゃ必要な電流量をまかなえず電圧ドロップ、おかげでDACが動作できなかっただけでしたぁ・・・(バカね~!爆)

 さらなる、おバカな失敗

 「ピンクのLED」これは、Vrefが3.2~3.6V位のもので、青のLEDと同じくらい動作電圧が高い。3つ使って8Vを作るつもりでいた。(基板は4つ取りつけられるようになっている)
 音もすばらしく、とくにおかしな気配がないので半日くらいうれしく聴いた後に電圧チェック(おいおい、すぐやれっての!)

 8.72V ⇒ ガーン、やばい!

 TDA1543のpdfで確認、アブソリュート・マックスが9Vである。

 ちょっと安心した。(おいおい安心するなって!)

 まあ、飛びはしないが、1個はずして適当なものをつけたら、7.75V 最大定格のの8Vを下回った。

 「う~ん、色が気にくわないけどぉ、ま いっか!」

 私も懲りない人だなぁ(笑)

LED付近のアップ


 このように、LED・定電流用TRのところをソケット化してあるので、交換は容易なのだ。

 明日は、「この定電流TRによる音質の違い」をお伝えします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
SOPとかには・・・
 SOPとかには使った方がはるかに上手に、キレイにできる。やってみてビックリした。
こりゃぁ、使うのと使わないのとじゃ大違い!
ってな感じです!

 それ以外のところには使いませんでしたが・・・
2005/12/28(Wed) 23:24 | URL  | LUCY #-[ 編集]
え!?
あれ・・・フラックス使わないのってそんなにおかしいんですか?
私一度も使ったことありません(汗
2005/12/28(Wed) 23:20 | URL  | やまぐち #mQop/nM.[ 編集]
まだ・・・
 いや、まだ投入してません(笑)
 カスタマイズド・ACアダプター2発です。

 あの、ピンクのフィルム電源はまだです。
 実は、2組作ってあるのだ(笑)

 エピは近々?ケーシングするので、そのとき豪華に2つ投入します!

 これで、完全な“スーパーファースト”が完成する!

 自分で愉しみにしているのだ!
2005/12/28(Wed) 23:04 | URL  | LUCY #-[ 編集]
いまの電源構成おしえてくださーい
例のフィルムのやつですか??
2005/12/28(Wed) 22:58 | URL  | じんそん #-[ 編集]
違うって!
 あのときに買ったものは使っていません。
 まだ、ダイオードをSBDにしたり、コンデンサーの容量を増やしたり、といったカスタマイズをしてないので・・・
 だって、ACアダプターはケミコンが2,000μf位しか入ってないんだもん!そんなに少ない量で平滑するのは・・・
2005/12/28(Wed) 22:42 | URL  | LUCY #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。