自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Chorale社 813シングルアンプ 高圧(高電圧)ラインをリプレイス 適正化 4
2010年06月01日 (火) | 編集 |
さて、入力ラインのアップグレードも終わったが、まだまだチューンするところはいっぱいあるぞ!(笑)

めんどくさがって、放置してきたが、ここは電気的にマズイので、あきらめてやることにする!


実は、オリジナルの配線材耐圧は300Vのモノ

ま、この規格は一般的、“日本製”なら「そこそこ信頼おけるが・・・」

高耐圧をギャランティーしてるオーディオケーブルは、「ない」といえる

だが、「・・・」を860Vで使い続けるのは、ちょっとこわい!

そこで、B電圧の860Vラインをリプレイス

使うのは、良質なテフロン線
Lttle Lucy fully completed 557
上の写真の赤い配線材がテフロン線

→ 私のは軍用でメーカー不明,耐圧不明だけど、1,000V以上かけてもビクともしないし、燃えたり、リーク、ショートの経験がないので信頼してる

ついでに、OPTの2次側をスピーカーケーブルにリプレイスする

Lttle Lucy fully completed 560

使うスピーカーケーブルは、安くて太く音質的にも偏りがない一般的なモンスター・ケーブルを使った

高圧部分と一気にやってしまえば、OPT関係のアップグレード作業は終了する

私は、太い線が好きなので、テフロン線はムリに太い線を使った(爆)

今回の作業は、ちょっとかったるい!

OPT,シャーシの間を太いスピーカーケーブル&太いテフロン線を通さなければならないのだ!

Lttle Lucy fully completed 556

シャーシが鉄製

→ 穴を大幅に拡張しなければならない!

キレイに拡張しても外から見えないのでイージーに作業したが、相手は鉄、なかなか削れず時間がかかった(苦笑)

テキトーにした作業なので、仕上がりは・・・


ま、ケーブルが通りさえすれば良いので、細かいことは気にしない気にしない!(笑)


お約束の適正化前(あら、取り忘れた!省略)

適正化後
Lttle Lucy fully completed 558
ちゃんと、ネジで固定した後
Lttle Lucy fully completed 559

インプレ

毎回毎回ビックリするなぁ・・・

今回は、OPTの2次側にスピーカーケーブル(内部配線材よりはるかに太い)を用いた効果が高い

「今まで、プアな音で喜んでたなぁ・・・」と感じてしまう!(爆)

でも、まだまだ! 813の実力を出し切れてないね!(笑)


さあ、みなさん、次はどこに手をつけるか、当てられるかな?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。