自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Chorale社 813シングルアンプ インプットラインをリプレイス 適正化 3
2010年05月18日 (火) | 編集 |
おまたせ!

さて、「813 シングル・アンプ」毎回適正化するたび改善効果を感じられてうれしいが、それでもなお残る“チャイナ・トーン”が気になる

安易に対処するなら、初段・ドライバー段をチャイナの6N8P(チャイナ・オリジナルの型番)、これは6SN7の互換球なので、これをECGとかに挿し換えればすむことなんだけど、内部を見るとそれだけではすまない(苦笑)

アンプの入り口を確認してビックリ!
Lttle Lucy fully completed 538
Lttle Lucy fully completed 539
この入力の配線材「なんか、見覚えのある色と太さ・・・それもコンピュータの中で・・・」

間違いない!「これ、(自作でよく見る)コンピュータ用の配線材だぁ!」

これの音質を改めて聴き、評価したことないが、“絶対音悪そう!”(爆)


で、入力ラインをリプレイス&アップグレードする

デテントのチャイナボリュームは、アルプスのミニ・デテントにリプレイスする
Lttle Lucy fully completed 546
今回使うケーブルは「テフロンの銀メッキシールド線」
Lttle Lucy fully completed 542
いちおう秘蔵品だが、現在でもオーディオフェアのたぐいで売られてる“ハズシ品”

それにコイツは、「2芯のシールド・ケーブル」!(スゴイでしょ!)

プロパーで買ったら、一番高価なカテゴリー・・・

→ この手のモノは戦争で使われたモノのハズシ品があれば、“中古”で安く、コストパフォーマンス最高!

なんせ“命がけのパーツ”、銀メッキの質は高いわ厚いわ、銅じゃなくスズ線だったりして、さらに導電率が高い“ハイグレード品”ばかり・・・

だから、ハンダのノリもバツグン! 音質も申し分ない!

おまけに今となっては“ありえないカラー”、たとえば今回使った「どぎついイエロー」というような、何か分類するときに便利そうなカラーばかり(苦笑)

→ ちょっと、はずかしい色合いだったりするが・・・(爆)

しかし、現在これほど質の高いテフロン線は作られてないし、入手困難、というよりムリ!

新品が出てきてプライスがつくと、とても買う気になれないほど高い!

では、お約束の適正化前
Lttle Lucy fully completed 538
Lttle Lucy fully completed 540
適正化後
Lttle Lucy fully completed 543
Lttle Lucy fully completed 544

インプレ

「やっぱ、コンピュータ用のケーブル音悪いわ!」

だめだこりゃ! 比較しちゃイケナイね! そういうレベルだった!

なので、良くなった、というより「まともになった」ね!

換えて良かった!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やまぐちさん どうも!

いやあ、もう振り返りたくないところまで来てますね!(笑)
2010/05/20(Thu) 22:02 | URL  | LUCY #-[ 編集]
時期尚早な感想ですが、素の状態とチューン後の比較視聴をしたい欲求にかられますね(笑)。
2010/05/20(Thu) 00:17 | URL  | やまぐち #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。