自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
chorale社 813シングルアンプの音質
2010年03月19日 (金) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 465

これをオクで落とすときに「決めておいたこと」がある

それは、「中身を見ないで1ヶ月程度エージングを兼ねてじっくり聴く」

「なんでっ?」

中のパーツを見たら、「即解体・交換・こんなパーツ使いたくない!」ってブチッとキレてしまうこと間違いなし(爆)

「な~ので、設計者の“商品としての”音作りを落ち着いて判断してみよう!」とした

前にも書いたが、「すべてのエクスキューズは値段で成り立つ!」


パーツに絶対怒ってはイケナイのだ!(といいながら、怒っちゃいましたけど・・・爆)

なぜなら、813に本気で取り組むなら、こんな安い値段で作れるわけない・ありえない

ちなみに、私の場合「本気Ver」ではこの値段の10倍はかかってる(かかってしまう)

なので、「うっそ~、こんなの許せない!」が、絶対いくつもある(事実ありました!苦笑)


それでは、インプレ!

この設計者 音作りがものすごくウマイ!

真空管・タマさまざまなことをよく知ってる人だ!


“チャイナ”の音質を完全に生かしてうまいこと音作り!(「“チャイナ”の音質」については「別掲」します)

30~40万円級の300Bシングルを超えてる音質だろう

→ 813の素質だけで軽くクリアしてるだけなんだけど・・・(苦笑)

それだけこの813のポテンシャルは高い!

素直に聴いてもこの音作り、「イヤな音質」と感じる人は少ない

視点を変えて観ても、ウマイ! うますぎる!

「ここまで、“チャイナ”の音質を逆転発想で生かして仕上げてきたアンプ」は聴いたことがない!


加えて、チープすぎるパーツでここまでの音質に仕上げられるとは・・・

「脱帽!」

「やられた!」


「お見事!」


次回、買う前から想像してた回路・パーツについて
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
彼氏はイナイよ!!
よく「彼氏いるでしょ~?」って言われるけど、イナイよσ( ̄^ ̄)トモダチ集めてホームパーティーなんかしたりするのがマイブームでして♪♪好きな人ができてもハズかしくて告れない…(>_< )しゅりのココロをゲットしてぇ~☆コドモっぽい性格だから年上でお兄ちゃんみたいな人がタイプだよ(*^m^*) h-13-i-12@docomo.ne.jp
2010/03/20(Sat) 06:13 | URL  | しゅり #tLN8V3xo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック