自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
813のアンプって?
2010年03月04日 (木) | 編集 |
813の送信機はもちろんいろいろある

では、813のアンプは存在したのか?

ビンテージ期の話だが、知ってる限り民生用(consumer use)は存在しない(うんと、マイナーなメーカーまでは知らないが・・・)

だが、なんとビックリ業務用(commercial use)として過去にたった1台だけ存在する

altec260a 11

実は、この1台こそ “とんでもない怪物”なのだ

真空管アンプ史上、“最強”

813をプッシュ・プルで使い、連続1,800Vをかけて出力260Wをたたき出す!

→ これを「業務用」として酷使したアルテック(スゴイ信頼性!リークは怖い!感電なら即死!)

→ 発熱もスゴイだろうなぁ・・・

“完璧なモンスターアンプ” P.A(パブリック・アドレス)なんて、かわいいもんじゃないS.A(スタジアム・アドレス)用「Altec 260A」

260a 11

真空管最後期・全盛期に、トランスメーカーとして評価の高いピアレス社(アルテックの傘下)の持ちうる最高の技術を投入・開発した出力トランスを搭載する

このOPT(出力トランス)こそ“世界最高・ナンバーワン”と賞される“名機”

特性もきわめて優秀、そんでもって、大きさがケタはずれ(1個30kgと言われる→見て大きさは知ってるが、単体で持ちあげたことがないので、OPT単体の重量は知らない)

業務用として、アルテック最高技術のすべてが注入された渾身のアンプだ

回路的には、後に出てくるAltec 1570系(1570A,1570B,1570BT←Tのサフィックスはメーター付きを表す)の方がはるかに魅力的な回路・・・

話を元に戻して・・・

Altec 260Aの総重量は、80kgを超える

高出力,高電圧,重量すべてにおいて最強(凶),最危,最重の怪物

合体技をかませば、ウエスタンの41,42,43が最重でしょうが・・・

能力・ヤバさは、文句なしの「№1」
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
RYUさん どうも!

まったく問題のない音←じつはこれが一番大事!

アルテックの業務用、たいしたもんです!
2010/03/07(Sun) 21:14 | URL  | LUCY #-[ 編集]
これ、どんな音がするんでしょう。
2010/03/07(Sun) 10:34 | URL  | RYU #-[ 編集]
初めましてりさで~す!
毎日楽しい生活してても何かが足りないって思った時何が足りないか分かったの…O(≧▽≦)O それは恋愛だったんだ~って(苦笑)σ(^_^;)唯一、私にはなかったもの…彼氏がほし~い(>▽<;; フリーの人いませんか?私を恋人にして下さい♪♪仲良くなってどこかへ遊びに行きませんか?(≧▽≦;)明るい性格なので、一緒にいて楽しいと思います!!年下の人は苦手で仲良くなる自信がないので私より年上の人でお願いしますヽ(*´ー`)ゞ少しでも気になった人は今すぐにメール下さい♪ beat-angel.risa@docomo.ne.jp
2010/03/06(Sat) 05:58 | URL  | りさ #tazB5T0M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。