自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
保存版・決定版 iRIVER H140(IHP-140) CF化(コンパクトフラッシュ化) 交換・換装 ソリッド・オーディオ 2
2010年01月14日 (木) | 編集 |
今回記事にしてるのは、自分で調べるとネット上にいくつか記事があるが、まとまっているモノがないためだ

いまさら・・・という感じだが、CF化・延命治療(爆)を考えてる人にとって、切実な問題だと思う!

結論から言うと、私が今回入手してきたモノは、心配をよそに、あっさり正常動作しちゃった!(良かった!)

それでは、

入手してきたモノ
Lttle Lucy fully completed 372
1.変換アダプター

メーカー 商号 株式会社エアリア(世田谷電気) 英語表記 AREA CO.,LTD

商品名 上野毛 ( KAMINOGE )

製品型番 AR-IDE1CF500

Lttle Lucy fully completed 376
2.CF(コンパクトフラッシュ)

メーカー GREENHOUSE(グリーンハウス)

製品型番 GH-CF32GD(CompactFlash 32GB 233倍速)


→ 値段優先で選んだだけで深い意味はない!(笑)

これで、リプレイスメントを行う

作業を行う前に、前述のHDDの規格について

このH140(ihp-140)に使われてるHDDは、「1.8インチ HDD」

→ もう、1.8インチ ということで割高なカテゴリー!(苦笑)

→ 入手性も悪い!

それに、このH140(ihp-140)は発売時期が古く、1.8インチのHDDが出始めの時期にあたるんだろう、当時最新鋭のHDDとして採用したんだと思う(推測)

おかげで、一番最初にディスコンになったコネクタの形状が通称「東芝独自型」・「IDE50ピン」といわれるモノを採用!

→ 東芝はその後、LIF(東芝型ZIF)というコネクタで1.8インチHDDを作る(現在も作ってるのかな?)

おまけにまぎらわしいのは、ZIFというコネクタは「日立型」も同じ名称で存在する

→ ていねいな店では、「ZIF(東芝型)」・「ZIF(日立型)」と表記してくれるが、してくれてない店は「確認しないとならない」おまけつき!(かなり、迷惑)

作業前に、もう1つ

このH140(ihp-140)にしかできない機能

→ これはDACを作るみなさんも知らない人は驚くと思います

このH140(ihp-140)は、「なぜか、デジタル出力を持っています(光デジタル/optical outoput)」
Lttle Lucy fully completed 374
→ WAVEファイルをデジタル出力できる!

後継機のH300シリーズでは省かれた機能(あたりまえってか・・・爆 逆に、携帯オーディオに、何でこんな機能付けたんでしょうね?)

そして、コイツは「メモリーバッファしてから出力する」

つまり、このH140(ihp-140)は、“めむばふ付きのプレーヤー”

おまけに、“バッテリー・ドライブ”(携帯オーディオなので当然だけど・・・笑)

そして、今回HDDからコンパクトフラッシュに換装して使うとなると・・・

さらに、“スゴイプレーヤーになる”と思いませんか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ラブラブな関係作りたいです
毎日「好き」と言い合えるような関係を探してます、一緒に美味しいもの食べたり映画観に行ったりできたらいいですね。思い出をいっぱい作っていけたらいいなぁ~、ホントに恋愛したいって気持ちの人と仲良くしたいです♪冷やかしはいらないよぉ、年は21歳だよ!!年上の人がタイプです、メアドつけておくので連絡楽しみに待ってますね ichigo-miruku-15@docomo.ne.jp
2010/01/15(Fri) 12:16 | URL  | みほこ #ssjEfb2Y[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック