自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
LH0032CG DSC&DAC 1794 3.5A 音出し! 1
2009年11月21日 (土) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 328
やっとすべてのパーツをチョイスして、ハンダづけを終えた

前回、お話ししたローパスフィルター(私は、ハイ・カット・フィルターと言ってる)は回路図を検討の結果、680pfは使用するが、330pfは未実装とした

→ これで発振など不具合が発生したら、「そのとき追加すれば良い!」とした

トリマーは、「差動合成するLH0032CGのところのみ」とした

発振止めは、各LH0032CGの「120pfとパラにハンダづけ可能になってるチップコン」のところのみにチップセラ10pfをつけた

→ 各LH0032CGに1個しかつけてない、ということです!(全部にチップコンをつけてるわけじゃないですよ!笑)

そして、「ソケット式にしているトランジスタ,LEDの取りつけ」

→ これけっこう時間かかります!(苦笑)

→ LH0032DSCでは、片チャンネルあたり8個のトランジスタ,LED20個

→ LH0032CGもソケット式にしてるので3個


ステレオなので、当然「倍」となる

落ち着いて、トランジスタのEBCの確認,NPN,PNPの挿し場所,LEDの点灯チェック!

これらを終えてから、ソケットにはめるわけだ(爆)

クリア! さあ次だ!

「とりあえず、無事鳴るかどうか?早く確認したい!」 じゃあ、あ~りませんか!


→ 最低限の電源でセットアップする!


え~っと、どう配線するのかな?


DAC-1794-3.5Aは、ていねいに電源を分けて給電できるように設計されてる

5Vもきちんと分ければ複数必要だ

→ 1個で済ますには、タコ足に配線する!(爆)

3.3Vの給電をどうするか?

基板どおりの“2段レギュレーター”はちょっと避けたいので、3.5Aは3.3Vのレギュレーターを積んでいない

→ とりあえず、どこから持ってくるか?

Lttle Lucy fully completed 329
おっ、そうだ! 「めむばふ」は2台組んであり、1台はデフォルト仕様で組み上げた

→ これが“2段レギュレーター”になってるので、ここから取り出して給電すれば、とりあえず鳴らせる!
Lttle Lucy fully completed 330
→ となると、「めむばふ」との接続になるので、「3.5Aの基板はJP3のパターンカットが必要なのか・・・」

→ パターンカット作業追加!(爆)

「めむばふ」不具合時に、標準搭載の入力端子から入力できるように2列8ピンもハンダづけしておかないと・・・

LH0032DSCは、約±18V以上の整流後のレギュレーターを通してない電源を給電すると・・・

→ じんそんさんの「LEDプラスマイナス電源基板」の整流後から、取り出せばOKだ!


よしっ!これで電源部はすべて供給可能だな!

ふぅ・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック