自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZVEX(Z.VEX) NANO HEAD 回路図(schematics) の解説 1 (自作、diy)
2009年10月31日 (土) | 編集 |
ZVEX(Z.VEX) NANO HEADの回路図(schematics)自体は、ちょっと晒すことを控えるが、他の貴重なギターアンプの回路図を元に解説する

ちなみに、ZVEX(Z.VEX) NANO HEADの回路図(schematics)は「手書きであり、電源部はオリジナルではなく、各部の電圧も書かれていない『不完全なモノ』と」だけ、ご紹介しておく

それでも、抵抗・コンデンサの定数だけわかれば、自慢じゃないが私には充分!

電源部は、使用パーツから判断すると 8ピンDIPのソケットが見えないが、NE555タイマーを使ったスイッチング電源であることは間違いないだろう

→ NE555タイマーによるスイッチング電源は、“あるジャンル”ではポピュラーなスイッチング電源の回路だが、これは、「かなり効率が悪い」

→ オーディオ用には適さないと判断する!

→ かといって、わかっていて効率が悪い電源を自分で創るギターアンプに使うのもおバカ!


→ この辺の回路的な問題点がなんとか理解できた(苦笑)ことで、「MAX1771EPA+によるスイッチング電源」に去年進んだのだ

ま、「スイッチング電源」の話は別の機会に譲るとして、みなさんが一番気になる回路部分についてお伝えする

捜すとけっこう苦労する貴重なギターアンプの回路図(schematics)を晒しちゃうぞ!

これらを使って、解説する!

銘機はいろいろあるし、「№1」というと人それぞれですが・・・

まず、銘機中の銘機といえばこれを一番にもってくるしかないでしょう!

Fender Bassman 5F6-A('59 Tweed Fender Bassman 5F6-A) 日本的に言えば、フェンダー・ツイード・ベースマン 5F6-A といった感じかな?

回路図(schematics)
bassman_5f6a 1
これさえあれば、コピーが作れる大変貴重な「レイアウト図」(layout)もサービス!
bassman 5f6a 2
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。