自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rolex Oyster Perpetual 次の一手を考える
2009年09月22日 (火) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 279
現状 何も変わらなかった(苦笑)

“最低限”の「風防交換」すらできてない!(く~)

使い続けてる,調べ続けてるので、いろいろ思うことも出てきた


決定的な「ひらめき」

「もう日本ロレックス(株)でオーバーホールできないんだから、自分の好きなように仕様変更しちゃえ!」


→ もう、何をやっても不利益はない(爆)


→ 私は、“オリジナル崇拝主義者”じゃないし・・・
Lttle Lucy fully completed 280
そこで・・・

・「風防」については、「日付表示用のサイクロップスレンズのついてない通常タイプ」に交換しよう!


→ 古い時代の(80年代頃からサファイアガラス、というガラス素材に切り替わる)「プラスティック・レンズ」にこだわりがないので、装着可能ならキレイに見える「サファイアグラスに交換したい」


風防交換時にオーバーホールが必要となるなら・・・・


・針も古びているので、この際「再メッキ処理」を依頼する


→ ピンク・ゴールドにするのだ


「ピンク・ゴールド」 PG とは・・・


→ メーカーによっては、ローズ・ゴールド RG と言ったりもする


リストウォッチ・腕時計には、ポピュラーな合金で、金:銅:真鍮を1:1:1で作るとのこと


→ とはいっても、各材質の純度によってまったく同じ色を出すことは難しいらしい

・文字盤・ダイアルの交換

ついてるこの文字盤気に入ってるが、遠目に見ても“焼けてる”ことがわかる

→ ちょっと、みすぼらしい!


→ 文字盤・ダイアルもリプレイスメント用が多種販売されてるので、気に入ったのがあれば気分転換にもなるので換えてみよう

→ オリジナルの文字盤は、上手にリダン(リフィニッシュ)できる業者が見つかったら、そこに依頼するのも1つのソリューションと考える

オーバーホール実施についての問題点

現状、精度はバッチリ出ている

わざわざ分解掃除して、洗浄クリーニング、注油を施して再組み立て


これで、同等もしくはそれ以上の精度を復活できるか?


疑問だ!

バラして、洗浄、グリスアップして、良くしたハズなのに“微妙な締め付けトルクの違いでバランスを崩す”ということは何にでもよくあること

この点に今一番悩んでるのだ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
RYUさん どうもです!

さすがに、時計のオーバーホールはムリです!

腕の良いショップを探してます!
2009/10/04(Sun) 22:22 | URL  | LUCY #-[ 編集]
腕時計の自前オーバーホール、これまたすごいことになりそうですね。
2009/10/03(Sat) 21:03 | URL  | RYU #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。