自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ロレックス ファースト・ワンは・・・
2009年09月14日 (月) | 編集 |
知識をインプットして、情報収集して、とりあえず オクでロレックスをゲット!

オイスター・パーペチュアル・デイト(Oyster Perpetual DATE)

やはり、デイトジャストをゲットとはいかなかった(苦笑)
1560 1
「程度は悪い」

→ 風防(時計のガラス)は高価じゃないので、「すぐに交換する」として「良し」とした
1560 4
「2日で1~2秒程度しか狂わない」という説明が決め手となった

高騰しなかった理由は「シリアル(S/N)はどこにあるのかわかりません?」だろう・・・
1560
だが、内部写真がアップされており、偽物ではなさそうだった

→ 「シリアルの打刻してあるところすらわからない」のに、「内部写真をアップした(説明によれば、時計屋さんに持ち込んで写真を撮ったとのこと)」、という“アンバランスさ”が“あやしい・キケン”とケアされたんだろう・・・
1560 2
到着してブツをチェック!

ちゃんと動いてるぞ! なんとなくうれしい!


「うん、風防は“ぐでぐで”、よくこれで内部に水が入り込まないなぁ・・・」と逆に感心するくらい!(爆)
1560 3
1560 7
文字盤はバッチリ日焼けしてて、遠目に見ても“ボロい”

誰が見ても、“あ~、そういう時計が好きなのね!”って感じ(苦笑)

1560 6
この文字盤の真贋ははっきりしないが、オリジナルだとすればとっても珍しいデザイン

→ 「こんなに“ぐでぐで”状態で使う人が、わざわざ文字盤をリプレイスしてまでこだわる」、とは誰だって思えないので、「実はこの文字盤はオリジナルだろう」と推察する(爆)


“日焼け”してなければ、なかなか雰囲気のある文字盤なんだけどね!

→ 「リダン」(リフィニッシュ)しないとならないだろう・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック