自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジカル シニカル マニフェスト 選挙公約 詐欺罪
2009年08月27日 (木) | 編集 |
p 036
先に宣言しておこう!

「私が支持する政党・宗教はない」


では・・・

毎回選挙が近づくたびに思う


今回は特に強く思う

それは、立候補者(政治家)がマイクを持ち、口角泡を飛ばして公約・マニフェストを叫び、“ウソをついてる”

今回は、「マニフェストが守られていない!」などと珍しく “不実行・守れてないこと” がピック・アップされてる

そうだ! これを機会に、当選し議員になって国民の税金で給料をもらった政治家は、それなりの責任をとっていただきたい(「代償を支払うべきだ」の方が気分だな!)

責任をとらない(とらせられない)から、政治が良くならないし、投票率が上がらないんじゃないかな?

具体的には、

1.立候補時に公約・マニフェストを念書として提出させる
→ 「詐欺罪の証拠書類とする」

2.その公約・マニフェストをメディアに発表する

3.それから選挙活動を行う

ここから先は「政権政党になった場合」

4.実現の期限を、議員の任期,その政権の解散時、もしくは衆議院の場合、衆議院の解散までとする

5.「公約・マニフェストを守れなかった政治家」を、「詐欺罪を適用して例外なく実刑でブタ箱にブチ込む」(前科を確実につける)

※ 恩赦・特赦といった軽減措置を一切せずバッチリ喰らわせる!

6.刑務所も税金でまかってるので、この件でブチ込まれた政治家の刑務所の宿代・食事代はホテル並みにお支払いいただく


こうすれば、政治家もマシになるだろうし、投票率もあがるだろうし、政治により興味をもってもらえると思うぞ!

だいたい一般人が政治家の公約・マニフェスト並に大きなことを言って実現できなければ、訴えられるなどして、間違いなく罪に問われるハズだ!(爆)

いかが?

こういう考え方を“タカ派”というのだろうか?(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。