自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップサイダー デッキシューズ TOP-SIDER deck shoes
2009年07月14日 (火) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 248
「スペーリーソール」、といえば、トップサイダーのデッキシューズが「代名詞」

デッキシューズ、改めて見ると、通勤用のレザーシューズと比べると「ちょっとドレスダウンして見えて、ノーネクタイの“クールビズ”に合いそうだ!」 

「スペーリー・ソール」で思い出し、「オイルド・レザー」なので、雨にも強い!(これは、レザー・シューズとしてはうれしいね!)

う~ん、デッキ・シューズ・・・学生のとき以来だなぁ・・・

デッキシューズも履かなくなって久しいなぁ・・・

あっ、イイかも?

なんとなく、感慨深い(ちょっと、おセンチ 苦笑)

Lttle Lucy fully completed 249
「スペーリー・ソール」 こういう発音で日本に紹介されたが、正確な発音は"sperry sole"なので「スペリー」だろうな!(爆)

これは、たしか、こんな由来だったと思う

海水で濡れたヨットの甲板(デッキ)で、犬が滑らずに歩いてるのを見て、あらためて犬の足の裏をじっくり観察し、犬の足の裏をマネた構造のソールを考えに考えて作り出したモノ


だったと思う


ゴムに切れ込みをたくさん入れることで、犬の足の裏と同様の効果、を得られたのだった

これは、当時の画期的なソール形状だったらしい

生産性に優れ、いままでシューズとは比較にならないくらい滑らずヒットした、といった内容だったと思う

なんせ、最初期のスペーリー・ソールのデッキシューズは、ゴムを足形に切った平面のソールに切れ込みを入れただけだったハズ(記憶が正しければ・・・)

これはコストがかからない、生産性の高さがわかる、各サイズの足形にゴムを切り出し、金太郎飴のようにスライス、仕上げに“波打ったカッターで切れ込みを入れればOK”

各サイズ、型を起こして、ゴムを溶かし流して整形する必要がない
Lttle Lucy fully completed 250
でも、こういうシューズ懐かしくてなんとなくうれしい(笑)

ホントは、白いデッキシューズが気分だけど、ビジネス・ユースには危険だな!(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。