自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
W210シート交換 9 気づいたコト を いくつか・・・
2009年06月02日 (火) | 編集 |
エア・ランバーサポート機能については、“一般的じゃない”ので思い切って割愛するが、いくつか写真を撮ったので、紹介する

写真をご覧いただきたい

黒いカバーのようなモノに注目!

Lttle Lucy fully completed 181
これがプラスチックカバーとなってて、この中を通してすべての配線をまとめてる

めったに目にする機会はないが、配線はキレイに整理されている、ということがわかった

サイドのまとめ方は、こんな感じ!
Lttle Lucy fully completed 182
後部座席右側(バッテリー側)の写真

まだ、グレーの内張は剥がしてませんが、フロントシート2脚はハズした後です
Lttle Lucy fully completed 180
内張を剥がして気づいたことがある

アースを かなりこまかくていねいにとっている


これを再確認した

このW210(S210) 「ムダ!」とは言わないが、 DIYのアーシングで効果を体感するのは難しいくらい、しっかりアースをとってる

実は、以前「せめてアーシングくらいしておこう!」と思って、テスターで何カ所もテスターをあてたことがあるのだ

だが、「どこで測っても小数点第2位までキッチリ同じ」という結果


そのときに、「この車あえてアーシングのする必要ない」と感じたのである

あきらかに効果がある強烈なアーシング

たとえば、

1.オルタネーターからバッテリーのマイナスへダイレクト配線

2.シリンダヘッドからバッテリーのマイナスへダイレクト配線

→ それも、直流抵抗を下げるため2AWG以上の“ぶっとい線”を最短距離でつなぐ!

といった“理想配線”をしなければ結果を出すのは難しいだろう!

無論、アーシングをやらないよりは、やった方が良いのはいうまでもないが・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック