自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
気分転換にスピーカーを試した 2 PHASS(ファス)アルニコ6512AL16.5ミッドバスA650
2009年05月17日 (日) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 172
テストで試した環境はこんな感じ!

そうそう、この「PHASS(ファス)アルニコ6512AL16.5ミッドバスA650」はW210のフロント or (ムリヤリ)リアドアに装着したいと考えてる
Lttle Lucy fully completed 170
さて、サンスイの16cm用の箱、SP-10に入れて聴いた

5つのネジで固定するようになってるが、3つに端折った!

インプレ

「評価が難しいなぁ・・・」というのが正直なところ

フルレンジとして聴いてるが、「なるほど、あるところから高域がスパッと落ちている」と感じる

→ ウーハーとしての設計は成功してる

だが、フルレンジとして鳴らしたときに、高域のあるところにピーク・ディップを聴感上感じる

具体的には、こんな感じ

「サ行がうるさい、歪みっぽく感じる部分がある」

これは、「同梱されてるネットワークを使っていない」といったファクターもあるが、なかなかこういうクセのあることは珍しい

通常よくできたウーハーはあるところから落ち始めるが、聴感上ピーク・ディップを感じないからだ

→ いずれにせよ“調教する”ためには、「なんらかの形で高域をカットする必要がある」と感じた

→ 12dB(それ以上の方が良さそうだが、面倒だ)のネットワークで高域をカットする必要があるだろう

このクセ以外は、なかなかよくできたスピーカーと感じた


頂角が浅いので音飛びはあまりないものの、暖色系の音色・解像力の高さ、は気に入った


よく聴くとアルニコの音がするが、ホームオーディオのアルニコ・フェライトほどの差は感じられないなぁ・・・(苦笑)

Lttle Lucy fully completed 171
端子部はこのように、高級ホームオーディオ用のような作りだ(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック