自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210シート交換 1 AMG仕様にはこんな機能が・・・
2009年05月10日 (日) | 編集 |
Lttle Lucy fully completed 167
まずはじめに、matsukataさんに多大なるご尽力・ご協力のおかげでW210のシート交換をすることができた!

この場を借りて、御礼を申しあげさせていただきます!

一言で表現しきれないが、ありがとうございました!

今回あまり多くの写真はないが・・・(苦笑)


では展開する

W210は、基本的に不満はないものの 購入時からシートについて1つだけ不満があった


中古ゆえそれなりにヘタっているのは仕方ないが、サイドのサポートが“外国人の体型に合わせてるせいか”ゆるい、と感じていた

→ よっぽど太ってない限り、まず ゆるい と感じると思う!

どうなるか?というと、あまり飛ばしはしないもののスピードを上げてカーブを切ると、身体がズリズリと動かされてしまう

これだけがシートについて不満に思ってることだった


「他の日本人のユーザーは、そう感じてないのか?」とディーラーのOさんにも訊ねたことがある(苦笑)

そこで、さかのぼること11月頃、オクで 「W210 AMG シート」

→ 並行輸入車に付いていたモノ、前期モノではないか?との注記があった

が出品された


なんとこのシートには、「腰部の上部・下部そして、サイドにエアランバーサポート機能が付いてる」

やっぱりね~! おかしいと思ってたんだ!

レカロのシートにでも、サイドのランバーサポートはメルセデスのシートよりはるかにタイトにできてるのだ

調べてみて不思議なことがわかった

「ヤナセでは、W210のAMG及びノーマル車ではエアランバーサポート付きのシートを設定しなかった」

さらに、現在の日本仕様AMGで“標準となる”シートのレザーにパンチングを施して、FANをシートに内蔵 吸い出し方向で回して 「ムレを解消する」という “豪華仕様” もすでに存在した

エアランバーサポート、シートファン(仮にこう呼んでおこう)仕様は90年代に存在したにもかかわらず、ヤナセ日本仕様のパッケージに組み込まなかった

→ メルセデスは、各国のオーダーに応じて仕様を決定&オプションを設定して販売してるので、当時のヤナセが設定すれば可能であった

メルセデスをご存じの方なら、よく知ってることだが 日本に正規輸入されないメルセデスのラインナップも多い

たとえば、ゲレンデバーゲンのショートボディーやカブリオレは日本でははるか前に正規輸入は廃止されたが、本国ドイツでは現在でも生産されてる、といった感じだ
Lttle Lucy fully completed 168
見た目がノーマルバージョンのAMG仕様のシートをチョイスしたので、ノーマルのアバンギャルドのシートとの違いがわかるかな?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホントにおつかれさまでした!

ありがとうございました!

自分では間違いなく不可能なレベルの作業を、スムーズにキレイにていねいに進めるmatsukataさんはスゴイです!

今日も、「作業工程を思い出し、覚えるように“復習”してました」
2009/05/11(Mon) 22:54 | URL  | LUCY #-[ 編集]
土曜日はお疲れ様でした。
あそこまで大掛かりな作業になるとは思ってもみなかったですが、何とか交換できて良かったです。
2009/05/11(Mon) 22:46 | URL  | Matsukata #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。