自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAS を 久々に使ってみた! W210(S210) メルセデス 2 メンテナンス
2009年03月22日 (日) | 編集 |
ここまできたら、次のステップ

キーを挿し、イグニションの1つ手前(簡単に言えば、エンジン以外の電源ONの状態・セルが回る1つ前の状態)にする

Windows XPはすでに起動してるので、WIS NETを起動させる(これが実はね~、別の機会に・・・)

そして、ここでDASを起動
Lttle Lucy fully completed 090
メニューで「ショートテスト」
Lttle Lucy fully completed 089
これで、私のW210の故障がすべて診断されることになる

数分かけてチェックが行われる


カチカチ、といろいろなところでリレーの作動音が聞こえ、“何とも神秘的”と感じるとともに、「コンピュータ仕掛けの車ってビミョー」とも感じる瞬間だ!


「えっ、あっ、げっ、フォルト・コードどっさり持ってるぞ~! ヤバイっ!」

あせって、内容をチェック!

そしたら、問題となるフォルト・コードはなく、なんだかくだらない「フォルト・コード」がどっさり!

たとえば・・・

「椅子のヘッドレストの位置がおかしい」とか・・・


→ そういえば、友人が「手動で」ヘッドレストを動かしたことがあった

→ ヘッドレストも電動なので、“勝手に?”動かされてることでメモリーの記憶位置と違うので「フォルト(この場合 故障 と訳すか・・・」にしてきた


→ おいおい、こんなことで、「フォルト」にするなよ~(2カウントしてる)


とまあ、こんな「フォルトコード」が10個以上も・・・(ん~・・・)

「脅かすなっつ~の!」

ムッとしてDASをテキトーに操作してたら、写真を撮る前に「フォルト・コードをリセットしちゃった!」ので、お見せできないのが残念ですが・・・・(苦笑)
Lttle Lucy fully completed 092
下の写真は、リセット後、「再テスト」して、「フォルトコードがない状態の診断結果」の画面です!
Lttle Lucy fully completed 091
これは、便利! 一般ユーザーにも安く提供すべきテスターだ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。