自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
リリー・アレン(Liiy Allen) イッツ・ノット・ミー、イッツ・ユー(It's Not Me,It's You)
2009年03月18日 (水) | 編集 |
息抜きを兼ねて タマには、タイムリーなネタ・・・

今週(2月9日~12日)のJ-WAVEで、1週間紹介され続けたアーチスト


ホントはもっと速く紹介したかったが、Little Lucy "the lotus"がバッチリ展開してたときだったので、“みなさんの集中をそぐこと”をするのも良くない、と判断して眠らせてたネタ!

リリー・アレン(Lily Allen)の「イッツ・ノット・ミー、イッツ・ユー」(It's Not Me,It's You)

Lttle Lucy fully completed 119
ひさびさ気に入った!

どうも私の場合、「いいな!」と感じることが多いのは「UK」モノが多いなぁ・・・

アメリカのモノと違い、ちょっとトーンにこだわりを感じさせる「UK」モノ

インダストリアル・ソルト(Industrial Salt)以来の「エレクトロニック・ポップ」


ライナー・ノーツを読んで、「あれれ?」

プロデューサーはグレッグ・カースチンというアメリカ人なのね!


それでも、ULTRA VOX を感じさせるエレクトロニック・ポップ(エレクトロ・ポップ といわないところがポイント!)

録音も良く、聴いていて愉しい!


個人的には、せっかくエレクトロニック・ポップをやるなら、“分厚い音が出る”「ムーグ(moog)」のミニムーグ,メモリームーグ・プラスといったアナログ・シンセサイザー、シモンズのシンセサイザー・ドラムを使ってこだわりを見せて欲しかったが・・・(苦笑)

薄い音には、アープ(Arp)のオデッセイ(Odyssey)、シーケンシャル・サーッキット(Sequential Circuits)をフィーチャーするなんてね!

Lttle Lucy fully completed 120
さて、曲ではシングルカットされてる「The Fear」はキャッチーでステキだが、流して聞いてて非常に印象に残り、あらためて歌詞をチェックして「スゴイ曲」と感じたモノがある

やはり、「本人が強く感じ、曲にしたモノは他人にも伝わるってこと」、を感じた

「Fuck You」 、これは、8曲目になる

本人もいろいろとマスコミからイヤな思いをさせられてことをあげているが、なんともシニカルな風刺(サタイアー)

「この歌詞をこういうメロディーに乗せて聴かせてしまう!」なんて、ステキすぎる!


Fuck you ! というバッキング・コーラスのちょっとクセのある“アトラクティブ”な仕上げは、間違いなく“確信犯”だろう!

日本ではこんな歌詞の曲は聴いたことがない!


機会があれば、みなさんも聴いてみて!


車にも合うね!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック