自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
Little Lucy "the lotus" 設計裏話 5 MAX1771 EPA+ 「LED ブリーダー」
2009年02月04日 (水) | 編集 |
4.ブリーダーが必要だった

「これは、やられた!」 一番きつかった!(苦笑))


実は、前回の無事正常動作の直後、といってもいい10秒位後の出来事!


→ やっとこさっとこ フィルムコンの2パラで無事動作して、「おぉっ、220V※も出てるぞ~!やったね!」などと
テスターだけを(負荷として)つないで動作確認してた

※ トリマーをめいっぱいにしてないので220Vとなった

→ 「いやあ、こんな8ピンディップのパッケージで12Vから220Vまで振り上げるとはすごいな~!」などと、感慨にふけってボーッと見てたら、あっというまにテスターの表示が12Vに・・・

→ ガーン、“お亡くなり”

→ ショック!やっと手に入れた、MAX1771EPA+をとばした


→ 原因を考えた

→ このMAX1771EPA+、常時一定以上の電流をたれ流さないと、ダメなヤツなんだ!

→ ブリーダーがいるんだ!


→ 結論は出たが、へこんだ!

→ 「いったい、この基板のどこに想定外のブリーダーを追加するスペースがあるんだ?」


→ ツェナーを使うにしても、250V程度のデカップリング・コンデンサーが必要


→ でも、そんな大きいコンデンサー入りっこない!(爆)


→ やっとの思いで入れてもツェナー・ダイオードの音質はクセがあって使いたくない


→ さあ、スペースがないこの基板でどうすればクリアできるか? こりゃあマジに困った!


→ 無事動作させた直後に、また新たなハードル出現・・・


→ 「なんとか、音質をそこなわずに小さなスペースでブリーダー回路を追加できないか?」


→ 数週間 悩んだ!そこで、ひねり出したのが「抵抗&LEDによるブリーダー」


→ これなら、選ぶ抵抗で音質をコントロールできるし、LEDの方がツェナーとは比較にならないほど音質が良い!(好ましく感じるほどだ!)

→ ただ、この小さい基板に内蔵できるか?がはるかに難関だった(この辺の取り回しは、完成した基板をみなさんがご覧になればおわかりいただけると思う!)

下の写真をご覧いただきたい!
Lttle Lucy fully completed 043
→ エフェクターの抵抗の取付のように立てて実装し、なんとかクリア!(個人的には、うまいこと内蔵できた、と自分を誉めてやりたい!爆)

→ ワッテージ的には、1W以上のモノが必要だが、大きさの点で内蔵不可能! やむなく、デールの1/2Wの金皮にがんばってもらうことに・・・実際それほど熱をもたないので実用上は大丈夫!とする(ここ以外は、すべて1/4Wの金皮を使用する)

→ ここのLEDは、ブルー系のVfが高く、電流が多く流れるモノがコンディション的にはベター!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
KEEP BLUEさん 初めまして!

大変な状況のようですね!

オーディオは何かされてるんですか?
2009/02/06(Fri) 20:18 | URL  | LUCY #-[ 編集]
こんばんは。
こんばんは。


初コメになります。

一才の娘が今夜も、仕事部屋に居座ってます。

なので、まったく仕事が終わりません(笑)

図面今日じゅうなのに・・・・

しかし緊張感うまれず、ブログを見たりしてます(笑)。


また、ゆっくり寄らせてください。


失礼します。
2009/02/05(Thu) 22:41 | URL  | ☆KEEP BLUE☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック