自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
2nD Stage 抵抗の材質による音の違い
2005年12月03日 (土) | 編集 |
 これを「書いてくれ!」というリクエストを多くいただいているので、恥ずかしながらお応えします。(まったくの私見だからなぁ・・・)

 カーボン抵抗 長所 ふわっとした感じがするものが多い。割合と聞きやすい。分解能・解像度はあまり高くない。 中庸な感じ。

短所 カーボンの特性上高域がカサついて聞こえ る。(フ ルートがヒステリックになったり、サ行がキツく なったりする。)

酸金抵抗  長所 中域の押し出しが多いものが多い。(オー ディオ的にはうれしいところでしょう)帯域的には弾力的で分解能・解像度が高いものが多い。

      短所 中域のある部分に押し出しの良いところがあ り、それが魅力!そこがなぜかハスキーっぽい → ジャズには最高にマッチする。だが、ツヤのあるボーカルには合わないと感じることもある。

金皮抵抗  長所 高域まで構造上特性が伸びる。分解能・解 像度は一番高い。良いものを見つければはまる。

      短所 メーカーによっては、音質が細身のことが ある。そのせいか、パーツの組み合わせで高域がヒステリックに感じる人がいる。(個人的にパーツ選択が・・・と思っているのだが・・・)

巻線抵抗  長所 力感がとくに優れている。(これは魅力 的!)

      短所 構造上高域まで伸びにくい。(コイル状に 巻いていくためL分が発生する。)分解能・解像度は割合低い。私は、10K程度までなら分解能・解像度に聴感上問題ないとして い る。(とはいえ、入れる場所によっては具合悪 くなることもある・とはいえ、個人的には前述の発振止めには入れたくないなぁ・・・) 

 ここまで書くと、「おまえは何を選ぶんだ!」というつっこみが聞こえてきそうですね!(笑)

 え~い、答えます。私は、追求したい人なので、「良い音のする金皮」を日夜捜し求めています。

 それと、カソード抵抗用にRSシリーズを超える解像度と押し出しを持った巻線です。

 そうです、「私は抵抗フェチ」!です。(笑)

 なんか、改行がうまくいかないようになっている。(怒)
 
 見づらいけど勘弁してね!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック