自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
今年を振り返って
2008年12月31日 (水) | 編集 |
まず最初に、いつも私のブログを見てくださってありがとうございます!

いただくメール・コメントに励まされてここまで続けてこれました!


これからも、メール・コメント・リクエストなど、どっちゃり送ってくださいね!

さて、1年を振り返ると・・・

個人的には、

・スレンダー・トーンでウエストが10cm位細くなった(これは、ビックリ!)


→ いままで、“部分ヤセ”なんて、「ありえないこと」だと思ってました!

→ ジーンズがなんと、29インチと10年ぶり以上前の30インチを切った


・35cmを超えるヤマメを出せなかった!(くそ~!来年こそは・・・)


オーディオ的には、

・新潟精密 FN1242A のDACとの出会い!


→ この音質すばらしい!(解像度・帯域バランス・音飛び・雰囲気 どれも すばらしい)

→ 世界に誇る日本のDAC石(この会社が、会社更生法のお世話になるなんて・・・残念!)

→ 新潟精密は、バー・ブラウン(Burr-Brown),フィリップス(Philips),アナログ・デバイセズ(Analog.Devices)に風穴を開ける会社だったハズだ!


・Little Lucy "the lotus"を創ったこと


→ 「Z.vex impamp の 回路図の“カラクリ”を解明するとなんて思ってもみなかった」(完全に想定外!)

→ いまになれば、nano headはスイッチング電源、impampは「単に12V-115Vの普通のトランスの逆接続によるB電源」ということが判明したのですが・・・(爆)

→ 「スイッチング電源と思いこんだこと」で、「スイッチング電源回路」を「かなり研究、実践するハメに・・・」


これが実って、Little Lucy "the lotus"が生まれた(んっ!)

・「スイッチング電源」 を 「かなり調べて、研究・実践したこと」
(新年に、別掲で展開予定・・・)

→ 「なめてかかっちゃぁ、いけません!」(うんと、痛い目にあいました!苦笑)

→ こいつ“高周波”回路です!(爆)

→ なかなか、うまいこと動作しなくて“苦戦しまくり、失敗しまくり”でした


・6021W(サブミニアチュア管)の音質を知ったこと
(新年に、別掲で展開予定・・・)

→ 真空管 最後期の ECG Philips Sylvania 製


→ Raytheon(レイセオン)製じゃないところがポイント! Raytheonなら Little Lucy "the lotus"は創りません! 電気的・機械的特性ならRaytheonはすばらしいのですが・・・ミサイルにはグッドでしょうね!(爆)

・この2つから新たな発展が・・・

→ 結果を出してないので、まだ書けませんが・・・(苦笑)

→ Little Lucy "the Lotus"が終わって一段落したら、じっくり取り組む予定!


・フェンダー・リバーブ・ドライバー №22921 を試したこと
(新年に、別掲で展開予定・・・)

→ はっきりいって、Little Lucy "the lotus"がビックリする音質なのは、このトランスとECG Philips Sylvania 6021Wによるところがきわめて大きい!

→ 参考までに、ギターアンプのリバーブ・ドライバーとして使うには、このトランス規格デタラメ! ちょっとした知識のある方ならば、「この使い方でこの規格は、完全に誤り」なことがわかるハズ!

→ だって、12AT7を15Kのトランスで受けちゃいけないだろっ!(爆)


→ だが・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本年もいろいろお世話になりました。
セレンはgoe師匠から譲っていただきました。
搭載完了、聞き込みしています。
来年もよろしくお願いしますね。
2008/12/31(Wed) 22:12 | URL  | RYU #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック