自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッテリーパルサー デサルフェーター 製作(バッテリー回復) 19
2008年11月04日 (火) | 編集 |
これで、バッテリパルサーは最終回とする

まとめ と 結論


バッテリーパルサーを使うと、充電量がかなり回復し、比重は正常値に戻る

また、バッテリー自体の寿命が来ても(充分な充電量が保てなくなっても)比重自体は正常値を示すことは変わらないそうだ(あるいみで、これはコワイ!)


だが、バッテリーパルサーを使っても、「電極極板の物理的劣化を食い止めることはできない」


極板の劣化とは、「スが入ってしまうこと」である

最後には、「ボロッと」いくらしい

そして、バッテリーの極板の寿命(耐久性)は理論値で10年とのこと

ここでもう一度

私は、2・3年でバッテリーがヘタリ、交換するのはちょっと・・・というのが、最初の創る動機

使ってみて、「回復の体感とコストパフォーマンスはすばらしい」と感じている

だが、“バッテリーの限界までチャレンジ”する気はない(笑)


より多くの知識を手に入れたいなら、CCA(cold cranking ampere) 「コールド・クランキング・アンペア」といったワードで検索すれば、バッテリーの規格・構造・耐久性などにたどり着けると思う

個人的には、「バッテリーは車検3回(6~7年)に1回くらいの交換ペース」でいってもらいたいので、そこまでは使ってみようと思ってる

6~7年で、調子が良くても交換する! ドキドキしながら乗るのは精神的に良くない(爆)


良い子のみなさんは、“限界チャレンジ”なんて、やめましょうね!

山の中、スキー場 といったところで“バッテリーがお亡くなり”になって、始動不能 なんて あ~こわっ!(爆)


おしまい!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いい音してますよ!

本格的なK式は初めてなので勉強になりました。

もうちょっと良くなりそうな妄想はありますが、

いじらず売ってしまおうかとも考えてます。(笑)
2008/11/08(Sat) 19:19 | URL  | やまだ #XD/8Df/M[ 編集]
やまださん 久しぶり! 元気! K式完成おめでとう! イイ音ですか?

「ある朝突然」も 困るね~(苦笑)

私も経験があって、「押しがけ」 かましました(爆)
2008/11/08(Sat) 11:08 | URL  | LUCY #-[ 編集]
限界は冬のある朝突然訪れます。(経験者)
2008/11/08(Sat) 00:15 | URL  | やまだ #XD/8Df/M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。