自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
バッテリーパルサー デサルフェーター 製作(バッテリー回復) 13
2008年10月21日 (火) | 編集 |
ついに、カーオーディ用の大容量キャパシタをハズして、バッテリーパルサーだけにして試走!(やっとここまで来たって感じ・・・)

何も異常は発生しない! とりあえず、ホッとした!

そして、カーオーディオを聴いてみる!

おっ、これも異常ない! “使える” OKだ!


さて、どれくらい乗ると効果を感じられるか?

私が、目安としているのは、「純正のHIDヘッドライトの 点灯時の立ち上がり方」

バッテリーが弱ってくると、「パッと一瞬で立ち上がらない」

→ 「1秒くらいかけて、徐々にに立ち上がる」

いつからか、こういう立ち上がり方になっているのだ!


実は、バッテリーを弱らせた犯人はわかってる

DAS リプライズ 1

1つ目は、DAS (スター・ダイアグノーシス)を使ったこと(後述します)

→ メルセデスの車の診断システム(なお、DAS,WIS NET,EPCなどについては多くのリクエストをいただいてるので、いずれ再開します う~ん、中断してからだいぶ経つなぁ・・・ 苦笑)

DASの診断を3月の寒い頃(バッテリーにとってツライ季節)に知らずに、補充電&バッテリーチャージャーをつながずにやってしまった・・・そのあと、フォルト・コードを消すために、苦戦してかなり長い時間動かしてた!

→ この「補充電&バッテリーチャージャーをつないでDASの診断を行うこと」を知らずにやってしまいかなり、バッテリーにダメージを与えてしまったのである

脱線するけど、「DAS診断」 やってみると感動しますよ! 診断中に、エンジンが動いてないのに、ボディーのいろいろところでリレー・スイッチなどが動いて、「カチカチと作動音が聞こえる」

→ 「診断してるっ!」って感じるし、「今の車って、ホントにコンピュータで制御されてるのね!」としみじみ実感するね!

これが、時間は感覚的だが、10分くらいか・・・

→ 「こりゃあ、バッテリー弱るだろうな~!」 って感じてた

→ 「バッテリー、こんなことして大丈夫なのか?」 とも感じた


実際、この後から、ヘッドライトのHIDの立ち上がりが遅くなった(苦笑)

初めて、DASの診断を自分でしたときだったので、「まさか、バッテリーチャージャーをつなぎっぱなしでするものだ」と、このときには想像もしなかった

そして、ディーラーで何気なくDASの話を振った(気になってたので・・・)ら、「バッテリーチャージャーをつないで行うものですよ!バッテりーが弱ってれば補充電もしてから・・・」といわれた

やっぱりね~! その場で口に出して言えないが、「あ~あ、バッテリーにかなりダメージくれちゃったなぁ・・・」

だが、これ以外にも、犯人はいるのだ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はなえ さん コメントありがとう! 見てくださっているなんて感激です! 女性からのコメントはうれしいなぁ!
2008/10/23(Thu) 22:43 | URL  | LUCY #-[ 編集]
こんにちは
初めて書き込みます。いつも参考にしています。また遊びにきます。
2008/10/23(Thu) 20:08 | URL  | はなえ #-[ 編集]
DASでの診断だけなら 充電器はつけなくても大丈夫ですよ
(バッテリー充電量が良好という前提ですが)


充電器が必要という作業は アクティブテストをするときです。
例えばSBCのブレーキフルード交換とか
エンジンのアクティブテストするときとか。。。

そんなときでも エンジンをかけながらすると
通常 充電器は必要ないです
(W220やW221では 充電器が必要な時がある)
2008/10/22(Wed) 22:47 | URL  | まさみ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック