自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
バッテリーパルサー デサルフェーター 製作(バッテリー回復) 4
2008年09月30日 (火) | 編集 |
ただ、乗り気になれない理由があった!

この言い方、大変失礼な表現になってしまうことをご容赦いただきたい!

日本のオリジネーターの方は、親切に「キット化」したり、「実態配線図」もPCBEでつくりアップしてくださってる

これは、非常にすばらしいことだ!(ホントにそう思う!)

な~んも、考えずにこの「実態配線図」をイミれば良いのだが、この「実態配線図」がちょっと・・・

P.P.P&P.P.P PLUSで、「基板上の配線の取り回し」をがんばったことがアダになった?(苦笑)

なので、“自分が創る”となれば、「自分で実態配線図を創り直さないと納得いかない」

回路的には簡単といえる

だが、「自分で創り直す」となると “こだわる”

→ 時間がかかる

→ さらに、清書のために 回路図エディタ(DIY creator)で創るとすれば、それなりに時間がかかる(DIY creator はクセがある)

→ そうなると、結局創るまでにかなりの時間をかけることになる

→ そこまでして、やる価値があるのか?


→ 効果を現認してないうえに、「“犠牲フライ”と笑い飛ばせないくらいのがんばり」 になってしまう!(苦笑)

→ 他にウマイ方法はないか?


で、しばらく“止まってしまった”のだった
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック