自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
バッテリーパルサー デサルフェーター 製作(バッテリー回復) 2
2008年09月26日 (金) | 編集 |
ちょっと、あいだが開いてしまったけど続けるぞ~!

言葉くらいは知ってる、「サルフェーションによるバッテリーの劣化」

これは、鉛バッテリーの宿命=避けられないモノ

劣化がひどくなってくると交換、となる


メンテし、調子が良くなったにかかわらず燃費が悪い = 私の車も“自動的に充電量回復プログラムを自動実行されてる”と考えるべきだろう

→ バッテリーを交換する方がベター

ということになる

だが、2~3年でバッテリーを交換するのも、不経済だ!


もう少し、交換サイクルを延長できないか?


そこでさらに調べてみると、“解決・解消方法”が発見されたようだ!

= サルフェーションを高レベルで解消する方法が見つかった

→ すばらしいじゃ、あ~りませんか!

では、すごく簡単にバッテリーの劣化についての説明

放電 +電極 PbO2+H2SO4→PbSO4+H2O           -電極 Pb+H2SO4→PbSO4+H2O
充電 +電極 PbSO4+H2O→PbO2+H2SO4           -電極 PbSO4+H2O→Pb+H2SO4

このPbSO4が硫酸鉛のことであり、極端にいえば、「サルフェーション」

新品のバッテリーは、このPbSO4を充電・放電時にうまいこと処理できるが劣化してくると処理できずに増えていく

積もり重なれば「バッテリーが弱った・ライトが暗い・セルが回らない」といったことになり、交換 ということになる

では、どのようにして「サルフェーションを解消するか?」
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック