自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザクセンベルグの楕円ツイーター
2008年06月23日 (月) | 編集 |
ザクセン ツイーター3


ザクセンベルグ(Sachsenwerk)の楕円型のツイーター

しっかり鳴らしこんであらためて聴いた

インプレ

いつも思うが、ドイツのアルニコのスピーカーってスゴイ!

いきなり脱線するが、日本人にとってはアメリカ製がポピュラー

メーカーは JBL,アルテック,エレクトロボイス,JENSEN,Western Electoric と いったところか・・・

これら、どのメーカーも 特徴的な“メーカートーン”がある

これが、好みに合うかどうか? がポイントなのだ

だが、これと比較して ドイツのスピーカーメーカー

ポピュラーなところでは、Telefunken(テレフンケン),Siemens(シーメンス),Klangfilm(クラングフィルム ← ドイツのウエスタン エレクトリック といったところか・・・),Grundig(グルンディッヒ),RFTなどなど・・・数多い

だが、すべてを聴いたわけじゃないが、どれも音質・音色は同じに聴こえる

ある意味で、これってスゴイ!

個人的には、「これがクセがない音」と感じてる

解像度がきわめて高く、誇張する帯域はなく、キレイで端正で正確な音質

たとえれば、“高原の澄みきった石清水”といった感じだろうか・・・

あまりに美人過ぎて、印象に残らない といった感じ・・・


ドイツのスピーカーを聴いた後に、自分のアルテック(A5システムに近いモノ)を聴くと やはり劇場用・シネマ用・コマーシャル ユースという背景もあってか、“音を飛ばすこと、音声帯域の伝達にめいっぱい焦点をあてた設計”を感じてしまう

ただ、ドイツのアルニコのスピーカーでも、マグネットの大きさによって音質は異なる

やっぱ、マグネットは大きい方が私は音質的に好ましく感じる

さて、JBL,エレクトボイス,アルテック はフルレンジ、ドライバーの解像度はツイーターなしではキツイと聴感上感じる

だが、どのメーカーのツイーターもフルレンジ・ドライバーの“輝かしい鳴りっぷり”といった能力と比べると、ツイーターは解像度が高く良いモノがほとんどない

そこで、散文的だが、ドイツのアルニコ・ツイーターをアメリカ製のスピーカーに合わせるのは、非常に優れたチョイスと感じる

“クセがなく解像度が高いドイツのアルニコのツイーターに補完させる”のだ


アメリカ製のスピーカーの音色・音質のキャラクターにうまいこと染まって、ジャマしたり、主張したりせず、解像度をぐ~んとひきあげ、音質を飛躍的にグレードアップできる

これは、おすすめ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ふ・ふ・ふ・・・

アッテネーター投入でしょう!
2008/06/25(Wed) 00:10 | URL  | LUCY #-[ 編集]
えーっっ 能率合わんでしょう。

マルチアンプ?(笑)
2008/06/24(Tue) 01:07 | URL  | ゴエモン #XD/8Df/M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。