自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作例 第11号 fusa さん
2005年11月23日 (水) | 編集 |
 こちらのPPPは、とりあえず手持ち部品(Cの定数はかなり違います)を使って先週から音出しをしていましたが、ケースの天板もできた(?)ので、ご報告させていただきます。

 真空管PPも無帰還も久々でしたが、あまりの良い音で驚いております。どなたかも言われておりましたが、演奏者が近づいた感じがします。
 コンパクトという設計意図で、プリ用ケースにムリやり押し込めましたが、ノイズやハムは皆無です。B電源用スイッチを装備。整流Diもいろいろ試せるよう外づけ、出力トランスも交換しやすく取り付けましたので2ndステージが楽しみです。

 素晴らしい基板をご提供いただきどうもありがとうございました。

 写真はallGE5670ですが、初段をWE396Aに変えて、さらに良い感じです。

 大作ですね! ケースもすばらしいが、パーツ交換を可能とする作り、そしてその配置までが考えられているところがすばらしいです!
 ダイオードでかなり音が変わりますよ! 天板を紹介できないのが残念ですが・・・

 fusaさん

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご参考になれば嬉しいです。
 tayushiさんこんにちは、
 10~15Wクラスの市販にケース入り出力トランスのなかでもFE-10-10は一番小型ですが、橋本やタムラも概ね70mm以内の幅なので、これらも寝かせればギリギリで収まるようにつくりました。
 また、追加でケース本体の加工をしなくと済むように、そして排熱効率アップと下部空間を配線などに利用できるよう基板とトランスはかなりの高さで浮かせて取り付けました。
2005/11/26(Sat) 10:45 | URL  | fusa #-[ 編集]
いいですね!
出力トランスの配置をまねしてみたくなりました。
タンゴのトランスもFE-10-10では8,500円くらいみたいなので悪い虫(良い虫?)がうずうずしてきました。タンゴのトランスというと実物を見たことがないので立派で大きいというイメージでしたがそれほど大きくないんですね。でも格好いいので外に出したくもなりそうです。
ケーブルにはお金をかけていませんがトランスはお金の賭けどこかなと思います。
東栄のトランスを鳴らしこみながら次の狙いを定めていきたいです。
2005/11/24(Thu) 13:04 | URL  | tayushi #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。