自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
ザクセンベルグの楕円ツイーター
2008年06月21日 (土) | 編集 |
ちょっと、「LUCY電源がコンプリートできてないこと」に、いじけ気味だが・・・

興味を持てるモノがあったのと、値段も手頃だったのでオクで落としてみた

ザクセンベルグ(Sachsenwerk)の楕円型のツイーター


コーンツイーターなのに、不釣り合いなくらい大きなアルニコマグネットを持ってる

オクでの紹介によると、コーンの大きさは、85mm×50mm

ザクセン ツイーター1

携帯を大きさの比較のために置いてみた
ザクセン ツイーター2

専用設計の頂角の深いカーブド・コーンにビックリ!
ザクセン ツイーター3

裏側から見ると、アルニコマグネットの不釣り合いな大きさと、カーブド・コーンの見事さがわかる
ザクセン ツイーター4

型番も何もかも不明なところが多いが、この“ファブリックのバッフル板”がスゴイ!

今となっては、遡及不可能だろうが、このバッフル板の大きさ角度などこのツイーターのためだけの専用設計

→ 実聴して、カットアンドトライで完成させたんだろうなぁ・・・

→ このバッフル板だけでもこのツイーターの豪華ぶりが推測できる

オイローパなど広く一般的に使われたツイーターとは一線を画す、強烈なコンストラクション

クラングフィルムでもここまでバケモノじみたものは使ってない(笑)


これとペアを組む、ウーハー(場合によってはドライバー)が知りたいし、欲しいなぁ・・・

こんなバッフル板わざわざつけるのなら、「もっと大きなコーンにすれば良いのに!」と思うのは、私だけだろうか・・・(爆)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック