自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やったぁ~ 尺ヤマメ(今季初)
2008年06月02日 (月) | 編集 |
例によって、家に帰ってからの写真なので美しいパーマークも消えてしまってる あぁ・・・

もっと、キレイに伸ばして広げて写真を撮れば良かったなぁ・・・
尺ヤマメ 2008 6/1

6月1日は桂川に釣行!

久しぶりにWADAさんと友人のSさんも参加!

2人とも、釣果に恵まれた!

私は、やっと尺ヤマメをヒット!(今季初)

解禁日に出せないと、なかなかツライ!

例によって、なかばどうでもよくなった頃(集中力が欠けてるとき)に限って、ヒットする(く~!)

では、実況中継を・・・

「もう帰ろうかなぁ、帰り道の渋滞もこわいし・・・」などと思いながら、「う~ん、このキツイ ガンガン瀬には、この時期まだヤマメ入ってないなぁ・・・ でも、念のため、流してみよう・・・」

こんな感じで、仕掛けを流すので、取り込みを考えたシミュレーションもテキトー

川に入って釣ってないので、全部抜き上げる釣りである(無精してる)

で、仕掛けがほとんど流れきったところで “ヒット!”

「ガツン! あっ、マズイ! デカイ! 尺あるぞ!」

(やっぱ、これくらいキツイ流れにいるヤツはデカイよなぁ・・・)などと、反省してもしょうがない!

竿をのされるギリギリのところでヒットしたので、状況は最悪

糸は0.5号 竿は短い4.5m  

→ ガンガン瀬で、0.5号で尺をブチ抜かなきゃならない = 突き抜けた 大バカぶり(苦笑)

ヤマメが下流に下ったら、竿が下流側に伸びきってるので 糸は即プツン!

できることは、上流側に竿でムリヤリ引っ張り、上流に誘導することだけ


糸の張力と、キツイガンガン瀬の流れの強さ、尺ヤマメのパワーを考えると、負けの確率が強烈に高い

勝算は、針にかかった直後の体力があるときに、ムリヤリ強く引っ張ったショックで上流に誘導できるかどうか?


「やるっきゃない! できなきゃ、プツン!」と瞬時の判断!

一気に糸の張力限界まで竿をあおる(勝負の瞬間だ!)


1・2秒 だろうか ヤマメも首を振って抵抗した

次の瞬間、ショックで一気に上流に上ってきた!(うわ~助かった!)

さらにあおる!

もっと上ってくれた!(ラッキー! ありがたい!)

すかさず、自分の立ち位置を修正し、上った勢いを利用して上流側にヤマメを抜き上げた(下流側に抜くのがセオリーだが、そっちにスペースはない この手しか選べない! く~!)

もう自分のタモ(網)に入れるまで誘導できるほど、糸の張力は残ってない、地面まで飛ばすのが精一杯!


糸がよく切れずにもってくれた(助かったぁ・・・) おそらく、2度目は成功しないだろう もっと、気をつけて釣らないと・・・

計測の結果、30.2cm あら、けっこうギリギリ! でも、体高があり、太ってるので32~33cmはあると思ってたんだけど・・・

桂川独特の体高のある立派なヤマメだ!

うれぴい!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Lucyさん、尺もの、おめでとうございます!私は今回のヤマメは28センチと27センチ止まりでした。次回、またがんばります~~~☆
2008/06/03(Tue) 06:35 | URL  | WADA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。