自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このDACチップは「新潟精密」のFN1242A 3(使用パーツ 編)
2008年05月08日 (木) | 編集 |
「そろそろ、パーツについて書いてくれ!」という声が聞こえてきそうなので・・・(笑)

今日は、「使用パーツについて」


今回は、試作じゃないので一発目から「本気Ver」でパーツをチョイス!

部品面アップ 1


当然、創る前なので「このパーツを使ってイヤな音が出たら、ボツ!」という “決めうち”

1.抵抗

HOLCO&PRP

・値がないモノは、近似値を使った ex.360Ω→362Ω

・ワッテージはムリヤリ使ったので、H4Pといった1W級を1/4Wの抵抗のスペースに入れるハメになった(苦笑)

→ 他の抵抗を使って“音色を乱したくない”ので・・・

※ 自分のオーダーミスにより、2.4K,470Kが抜けたのでこれだけデール(電源部,めむばふ)

2.コンデンサー

・ケミコンレスの“スーパーファースト仕様”

保証されてる動作じゃない

→音が出ない危険性がある

自己責任!

・カップリング系は、全面的に「EROのKP」 → 箔

・デカップリングは、“四角いOSコン”こと、フィリップスの0.33μF

・0.1μF&1μFは、暫定的に 「EROのピンクのポリカーボ」

・22pfはディップマイカ
1つはずした

3.トランジスタ

LUCY’S SELECTION(笑)

・C1815(東芝)→C3245(三菱)

・A1015(東芝)→A1285(三菱)

・C3421→C1013(三菱)

・A1358→A623(三菱)

→ 知ってましたか? 2SC1013のコンプリは2SA623です!

4.FET

・K117→K34(三菱)

音色の点で、全面的に「三菱」で統一

HOLCO&PRPの抵抗とともに、音色の傾向はハーモナイズ

調和がとれる

以上、LUCY’S SELECTION(笑)

Special thanks to Matsukataさん 

2SK34のペアリングをしてくださいました 感謝です!
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。