自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このDACチップは「新潟精密」のFN1242A 1
2008年05月02日 (金) | 編集 |
このDACチップの音を聴いてみたかった
FN1242A 1

チップの名前は、FN1242A

発表当時、ラジオ技術などの紙面を賑わし、新潟精密の「評価ボード」も販売されてた

「フルーエンシ理論」などという“新理論”を発表し、“CDの失われた信号を補う夢のデバイス”的な紹介が印象的だった

SACD,192KHz,24ビットに対応など・・・スペックは、すばらしい

ただ、フルーエンシ理論について

理論自体はすばらしいが、「実際どういう音が補完されてるのか?」を考えると、疑問はつきない→フィデリクス(FIDELIX)みたいなものじゃないか?と思いますが・・・

たとえば、バイオリンの曲(独奏としましょう)をCD再生したとして、ラを再生したとする、そのとき「ラの音の正確な倍音&ついでに出る他の倍音領域を補完して出す」、なんて“器用なマネ” ワン・チップじゃムリでしょ!

さらに、脱線するけど、FIDELIXの“あの音”聴いたことありますか?(苦笑) 

話を元に戻して・・・

そして、特許も取得し、マランツなどいくつかのメジャーカンパニーでも採用され、製品化された

ならば、「フルーエンシ理論」もそれなりに評価できるんだろう・・・

新潟精密自身による、このDACチップの紹介ページをリンクしておく

新潟精密FN1242Aの解説ページ(←クリックで別窓で開きます)

その後、数年が経過し、このチップの存在すら忘れた最近になって、いくつかのサイトで「基板化」された

そして、しばらくして会社更生法の適用が知られるところとなった


なので、このリンクしたページもいつまで見れるかわからない・・・今のうちに見ておきましょう!

なんかせつないが、こういった背景があったので、一般市場にこのチップが流れてきたんだろう

発表回路は、なんと「AK・・・」という旭化成のレシーバーが使われており、どちらも一般的に入手不可能であり、創るなど考えられない状況だった

これが、自作・DIYフィールドに登場したのだから・・・

フルーエンシ理論&補完について“眉唾”だが、(検証も兼ねて)創ってみたい! じゃ あ~りませんか!

さあ、どんな音を聴かせてくれるのか?

つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
装着だけで痔の悩み解消!痔サポーター ■痔サポーター■スポーツ選手も愛用■イボ痔│切痔│脱肛│解消 痔はお酒の飲み過ぎ、不摂生、激しい...
2008/05/03(Sat) 09:43:27 |  ハイパー流投資ワールド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。