自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにグレード・アップ! サブウーハー フェイズリニア アリアンテ 1
2008年03月05日 (水) | 編集 |
フェイズ・リニア(フェイズ・エボリューション) アリアンテ

カーオーディオ用のウーハー

これは、私の大好きな、“ハイコンプライアンス,高能率・深い頂角・アルニコ” スピーカーとは対極にあるスピーカー(爆)

選んだ理由はただ一つ

このスピーカーのセールスポイント「少ないスピーカーボックスの容量で充分な低音が得られること」
cutmodel 1

まったく発想が違う構造で、感覚的には全く理解できない(爆)

ウーハーなのに、フラットなコーン紙,ハニカム構造とくる

→ これで、コーン紙の充分なストロークがとれるんでしょうか? それとも、ストロークがとれなくてもこれなら充分、ということでしょうか?

→ ま、すべてボックスの容量を減らすための工夫なんでしょうけど・・・

→ でも、出てくる音はまともなんだよね~

以下に、メーカーの資料を転載します

1.厳選されたブチルゴムと特殊繊維で構成されるダブルサスペンションがハイパワーレベルでの 安定した動作を保証。

2.高い音圧レベルと優れた低音再生のためにハイパワー入力ができる超大型ボイスコイル。

3.先端技術の航空宇宙産業素材のアルミハニカムを、ケブラー繊維でサンドイッチ構造とし、特殊樹脂で硬化した平面 振動板。 従来のセルロースコーン素材より極めて軽量かつ高剛性な構造。

4.強力なパワーを生み出す、3層構造の"SYMADIS" マグネット。

5.ボイスコイルに充填された磁性流体"FERROSOUND"が高耐入力と安定した放熱を実現。

6.ニッケルコーティングされ、ポリッシュ仕上げの美しいハウジングセクション。

7.アルミダイキャスト製の強靱なフランジセクション
aliante 10 1

この特殊な構造のおかげで、ウーハーとしては非常にコンパクトな容量でスピーカーボックスがOKとなってる

現在、サブウーハーは使ってる

「とりあえずカーナビをインストールしていただくときに配線してあれば、チェンジがラク」というレベルのモノ

オクで安く落とした、めいっぱいテキトーなサブウーハー

なので、こまかく選ばなかったので大きすぎて“広大なラゲッジスペースがウリのW210(S210)ワゴンをスポイル”

→ これは、さすがにはずかちいので割愛しまちゅ!

→ でも、箱はやたらガッチリ作られてて剛性は高く、すご~く重い、ピュア・オーディオからすれば、喜ぶべきことだが・・・「やっぱ、重すぎる!40kgは軽くあるだろう!」(苦笑)

だが、運転してれば見えないし、サブウーハーという性格上“あまり目立つ使い方をしないので音質的不満もあまり感じない(苦笑)ので”1年以上は使っていた

でも、さすがにジャマだ! 荷物の積み卸しをするたび、“自分の愚かさを痛感する”(苦笑)

そこで、スピーカーボックスの容量が少なくて良く、音質も定評ある「フェイズリニア アリアンテ」 を使ってみたいと思っていたが、「(価格が)高い!」

ショップの中古も人気があるんで高い! オクでも高値で取引されてる!

中でも12インチの フェイズリニア アリアンテ Si12 limited がボイスコイル径がノーマルのSi12より大きいので“優れてる”

「これが欲しい」と思ってたが、ちょっとね~ これを新品で買うとなると“それに見合うアンプ&オーディオセットを用意しないとバランスがとれない”ってことになる

となると、財布に厳しすぎるぞぉ~

などと、オクを眺めたり、いろいろなことをしてるウチに2年近く過ぎた

そして、ついに最近、手が出せそうなモノがオクに出てきた

つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/08(Sat) 02:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。