自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
う~ん、気づかなかった
2008年02月27日 (水) | 編集 |
みなさん、モノを買うときに「レジ打ちのお嬢さん 態度ワリ~ぞ!」

と感じたことがあるでしょう

こっちは、「(買うんだから)せめて、もうちっと愛想良くしろよ!」 と思う

話は変わるが、

あるとき、ピンチヒッターで「窓口応対」をさせられたことがある(まったく、自分の仕事とは関係ないし
・・・なんで、こんなことをしたんだか・・・)

そのとき 初めて “わかった!”

窓口応対するとき “来客には表情がある” と思ってた

けど、違うのね~! 「“無表情” で 頼んだり・尋ねたり・・・」


人に頼んだり、ものを尋ねたりするのに これはせつない! 逆効果?・・・

応対に出てるこっちが“ふんぞり返ってるわけじゃないけど・・・”

せっかく、頭下げてんのに、“良い結果がひきだせる” かな?

ま、“困って固まってる”といったこともあるんでしょうけど・・・

話を元に戻して、

それ以来、“レジに並んでるとき” とか、見てて感じる

「人はモノを買うときに、なんであんなに“イヤそうに”お金を払うんだ?」

これじゃ、レジ打ちのお嬢さんの無愛想も “納得してしまう”

見るたび感じる、「日本って、悪い状態なのね~!」

自分にとって「接客商売」は苦手なカテゴリーだが、新しい視点を知った 「窓口応対」も貴重な経験となった(あたちは、内気なのぉ・・・爆)

自分自身、気をつけるようになりますた!

さて、みなさんの表情はいかがですか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。