自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
“習作”の“試作” 完成後、音出し! FUZZFACTORY完全製作 10
2008年01月25日 (金) | 編集 |
組み立ては完了した

真空管のアンプだと、「配線ミス=タマをとばす、スピーカーにダメージを与える」といった「絶対困る後遺症」が残ることを経験してるので、ここで、はやる気持ちを抑えて一息入れて、コーヒーなどを飲みながらチェックするようにしてる

ま、今回はそんな心配はいらないが・・・

OK! 大丈夫だ! ミスはない!


それでは、前回お伝えした基板のアップを紹介する

右半分はこんな感じ
基板 右 1

左半分はこんな感じ
基板 左 1

だが、配線的に、疑問箇所があるので「スイッチON!はプレッシャーがかかる」

「鳴らなかったらどうしよう?」

しばし、考え込んでから(いまさら考えてもしょうがない?)、ギターをFUZZFACTORYにプラグインして、アンプのスイッチON!

「ジャーン」

「お~音出た!あ~、良かった!」

うれしいよりも、ホッとした!(ここまで調べてがんばって、「不動作」じゃ“悲しすぎる”って!)


クセの強いエフェクターなので、“このセッティングから始めよう(デフォルトのセッティング)”がHPで紹介されてる

→ 結果論だが、「いきなり発振から始まると“つかみにくい”」

→ 最初は、発振してない方がわかりやすい

→ このセッティングは、「FUZZ FACE系の“発振しない状態”」のようだ
デフォルトのセッティング 1

デフォルトのセッティング

Vol,Stab だけでコントロール 残りのGain,Comp,Driveはすべて最低にしぼっておく


こうすると、(発振なしの)ノーマルなオーバードライブ&ディストーション系のエフェクター

イイね~! この音色・歪み方 ステキだね! 音に力感(張り)があってヌケが良い! ねらいどおり倍音が濁らない! コードを弾いてもきちんと聞こえる(これって大事です!)

ちょっとアバレの入った感じが、ロック・テイスト!

※ こういうアバレの入った独特なディストーション・オーバードライブ系のサウンド は真空管・チューブ アンプじゃ出せない!

Vol&Stabの操作で、オーバードライブ→ディストーションと幅広く変化する

これだけでも、魅力的で充分使えるエフェクターだ

チューブスクリーマー,OD-1,DS-1といった日本のエフェクターじゃ絶対に出せない音質!

→ イイね~!

そうそう、テストで弾く曲は、パワーコードかき鳴らし系なら、グリーン・デイ(Green Day)のバスケット・ケース(Basket Case),リフ系だとエアロ・スミス(Aerosmith)のウォーク・ディス・ウェイ(Walk This Way)

← なんと、邦題は「お説教」、たしかに、詞の内容からすると“うまい”んだけどもうちょっとオシャレなタイトルをつければイイのにね~!

バスケット・ケースは詞の内容に共感するなぁ・・・(I'm just stoned!でしょうか・・・苦笑)

などなど・・・で試してます!

だが、こいつはそれだけで終わらない!

そう、「発振」という“必殺技”を持ってるのだ!

つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック