自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作例 第8号 tyuuki さん
2005年11月18日 (金) | 編集 |
 無事音が出ましたので報告します。
 構成はヴォリュームなしのメインアンプ仕様です。
 出力トランスはHAMMOND1609 10W/10K/4~8~16。(partsconnexionで取り寄せました。)フィルムコンデンサーは使いまわしで、スプラグのVitaminQ 0.47uFとCardas 0.1uF(たまたま4本あったので)。抵抗類はじんそんさん紹介のDale。玉はGE5670。一応PP用にペアになっています。ドライブ段のバイパスにはMUSE-KZ 47uFに0.1uFのフィルムチップコンデンサをパラってあります。ヒーター配線はツイスティドペアにしたテフロン被服金メッキ銅線。堅さのある線なので空中配線的な取り回しになっています。RCAジャックからの線はWE?のエナメル被服絹被服銅線です。

 以前トライパスのTA-2020で組んでいたアンプの箱・SPターミナル・RCAジャックを再利用し、ぎりぎりの大きさに無理やり詰め込みました(家猫対策)トランスのみ上部設置です。以前スイッチ類を設置していた穴が残っていたり、廃熱のために急上蓋やサイドに穴を開けたので美的には?????です。もう少し穴を開けたほうがいいかもしれません。
 基板はショックマウントを足にして、箱(タカチOS)のフレーム上に乗っています。

 箱を変える予定なので、トランスの線は長いままです。そのため、トランス周りは折りたたまれた線で混雑しています。音的には良いとは思えませんが、、、

昨晩からヒーターをエージングしていした。先ほどサブシステムにつないで音だしをしています。ふわっと陰影を醸しだす感じです。

 力作です! ハモンドのトランスを奢ってくれました。
 また、パーツの選択もひと味違って奥深さを感じます!
 再ケーシングしたら送ってくださいね!

結城さん

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと気が早いかな?
 すぐの音で判断してはムリです!
 ましてや中低域ですから、24hくらいは鳴らしこんでから評価するようにしないと・・・

 正確な判断はツライいかと思います。
2006/03/04(Sat) 01:00 | URL  | LUCY #-[ 編集]
muse kzに換えてみました。確かにBGより柔らかに広がるな感じがします。交換直後は低域を中心に改造度がかなり落ちた感じでしたが、通電後数時間でだいぶ戻ってきました。
2006/03/04(Sat) 00:43 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
なるほど
ミューズの黒ですか。今度試してみます。

先ほど、PPPをFE88ESRのBHにつないで見ました。これも88dB/W(1m)ですから少し能率が高い程度ですが、結構大丈夫そうです。(とはいえ昼間に鳴らしてみないと分かりませんが。)

このBHは、家にあるアンプ類では、アルトの最低域あたりで共鳴が起こってしまい、2年ほど置物状態になっていました。PPPは、このBHを制動しているようです。
2006/02/11(Sat) 00:29 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
う~ん、80dB後半だと・・・
 そうでしょうね・・・80dB後半だとちょっとキツイでしょうね!

 22μFのBGということは、中低域を出したいと推測いたします。それなら、同様に中低域が厚いけどもっと立体的(と感じている)黒いミューズ、たしか、22μF/50Vになるかな、これに変えてみるとかなり印象が変わると思いますよ!
2006/02/10(Fri) 21:06 | URL  | LUCY #-[ 編集]
いまだに仮ケースのまま使っています。配線の取回しなどいろいろいじったら放熱にも問題がないようなので、夏まではこのままでしょう。(というかケース加工が面倒)カソードパスコンは22uF/BGに変更しています。
メインシステムに接続しました。(通常はメインアンプにLyra Amphion使用) SPはDynaudioユニット使用の自作。効率は確か80dBの後半だったはず。交響曲などはいいです。音はLyraより沈み込んでいます。ただし、昼間中音量以上にすると録音のいいピアノ曲のfffで破綻します。
サブのEclipseTD-307でニヤフィールドで聞いている分には問題は出ませんでした。まあ、SPの能率が高ければ問題は出ないと思います。
2006/02/10(Fri) 15:49 | URL  | tyuuki #-[ 編集]
スプラグは銀色チューブのVitaminQです。Mundorfは現時点で最高性能といわれているカップリング・コンデンサです。ユーロ系のハイエンドメーカーが好んで使っているようです。使ったのは中ぐらいの価格帯のやつです。(http://www.mundorf.com)最近になって日本でもコイズミ無線とか河口無線で取り扱い始めたようで、やっと入手しやすくなりました。
個人的にはどっちの傾向も好きなので迷っています。
2005/11/27(Sun) 06:48 | URL  | nobody #-[ 編集]
それは・・・
 知りませんでした。Mundorfというコンデンサー。スプラグは白いフィルム?それともB.Bですか?
 tyuukiさんはどちらが好みですか?
 
2005/11/26(Sat) 22:19 | URL  | LUCY #-[ 編集]
コンデンサ交換
他のアンプにつけていたMundorf Silver&Oil 0.47uFを取り外してSprugと交換してみました。音が伸びて、細部が浮き上がります。Sprugだと「真空管の味わい」とでも呼べるような、いい意味でのボケ感がありましたが、Mundorfだとクリアな音になります。家人にはMundorfのほうが高評価です。
2005/11/26(Sat) 21:47 | URL  | tyuuki #BRkrdwvI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。