自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210(S210)AMG純正ペダル交換(こりゃ、誰でもできる) 4 アクセル・ペダルはずすぞ!
2008年01月17日 (木) | 編集 |
おまたせっ!それでは、アクセル・ペダルをはずす編!

まず、「プラスティック製の6角ナット(ボルト じゃなかった 苦笑) 2個」をハズしてしまおう!

こうすることで、「はるかに手を突っ込みやすい!」
10mm

おそらく、“指でつまんで気合いでゆるめるにはキツイ程度”のしまり方だと思う

「10mmの6角ナット」(ドイツ車特有の「e型トルクス」ではない)なので、レンチなどを用意しておこう!

1/4回転もさせれば、あとは指でラクにゆるめられるぞ!
指で回す 1

ご覧のとおりこのボルト、思ったより長い!
ナット とれた 1


次に、アクセルの真ん中あたりに「プラスティック製のネジ のようなもの」でアクセルがセットされてる

これをはずす

下の写真をご覧いただきたい
アクセルのネジ 1

この向きで、左から右へとアクセル・ペダルを通り抜けて固定してるだけだ

このネジの右側(指さしてる部分)に注目!

ここをつまめば、プラスティックネジは“しなる”のでゆるめることができる!

下の写真の「中央右よりの部分の穴の開いてるところ」(これは装着時の写真を代用しました もっとしっかりわかりやすい写真を撮っておくべきだった  苦笑)
アクセルの裏側 1

それで、「このネジをつまんで、そのまま右から左にずらしてはずす」

ただ、やってみるとたいしたことはないんだけど、アクセルがオーバーハングしてて、このネジは見えない状態での作業

なので、自分で「つまんだ気になってるけど、ホントにつまんでゆるんでるのかどうかピンとこない」(苦笑)

それと、プラスティックのせいか金属みたいに“スルッとずれない”(摩擦抵抗が大きい!って感じ 笑)

なので、こんなことをした
浮かす 1

右手の指でつまんだまま、左手でマイナスドライバーを持って“くいっと てこの原理で ずらした”(なかなかうまい手だと思った でも、写真を撮るのは大変! 笑)

「作業時間は、(手間取ってたことをいれても)1分程度」 難しいことは何もない!

「プラスティックのネジが多少ズレにくい」ことを最初から知ってれば、マイナスドライバーを用意しておくだろうから、スムーズにできるぞ!(笑)

こうして、3つ全部のペダルがハズれますた

次は、AMGの純正ペダルの装着です

はずすより簡単です!

特にアクセル・ペダルは、逆にラクでした

強いていえば、「“新品のゴムは根性がある”(あたりまえってか!)ので、多少はめづらい」って感じかなぁ・・・

つづく
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。