自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W210で悩んでいること 交換部品など・・・ 1
2007年11月19日 (月) | 編集 |
加筆修正しました 「車軸」じゃなくて、「光軸」でしたね!(苦笑)

まずはじめに、「W210のバッテリー&ヒューズボックスの位置」で検索されてる方が多いので、
「バッテリー&ヒューズボックスは右後部座席の下」です!

オープナーというか、レバーは、右後部座席のドア側に“持ち上げる方向へ動くレバーというよりは、グリップする(握る)感じのモノがあります

これを、引き上げる方向に動くので、座面を持ち上げるようにすると“カパッ”と上がります!

さて、この前W210についてディーラーに質問したり、調べて個人的に困ったことを発見した

W210ワゴン(正確には、S210)の場合、Avangardeには、リアサスにアキュムレーターという“ポンプ”がついていて、荷物を積んだ時に「ケツが下がらないように自動調整する」

→「レベライザー」といいます

ま、これはこれで便利なんだが、“期待どおりこのポンプ耐久性が・・・”

パーツを見ると、「下がりそうな重いケツを持ち上げるために、このポンプで強烈な圧力かけてオイルをぶち込むお仕事をし続ける」には“とってもちゃっちい”

これは、どう考えても長期に渡ってノントラブルは見るからにムリ、というもの
アキュムレーター 1

おまけに、思ったより高く、交換工賃もバカにならないので「なくてもいいじゃん! 漏れたら、アキュムレーター使わずに“普通のサス”に交換しよう!」と考えてた

しか~し、ディーラーのメカニックの方が、「レベライザーがヘッドライトの光軸調整と連動してるんだよね!」

「げっ、レベライザー殺して、通常のタイプのサス(ビルシュタインなど)に交換すると、光軸調整はどうなっちゃうんだろう?」

「また、ECU(コンピュータ)ご機嫌ナナメになって“故障ランプ攻撃”か!(苦笑)」

「レベ殺して、“普通のサスくっつけて持って行って”ディーラーでコンピュータ(DAS)で、光軸調整が利いて、故障ランプがつかないように設定する”なんて、絶対してくれないだろうな~!」

と考えて、困ってる

ディーラーにこの設定させた方いらっしゃいますか? いたら教えてください!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。