自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
最高の歪みを創るプロジェクト 16 抵抗による音質の違い (自作エフェクター)
2007年11月15日 (木) | 編集 |
いつも見ていただいてる方にとっては、「なんで今回はデールなの?」と感じられた方もいらっしゃるようだ

たしかに、DAC,P.P.P&P.P.P PLUSのときには、デフォルトでソリスト(金皮)の抵抗を使っているし、オーディオ系のときに「テストするときは使っている」

これは当分変わらないと思う

なんせ、ソリストはクセがなく、音質もバランス良く、ピーク・ディップはないし、音飛びも良く、解像度も高く“スタンダード(規準)”とするのにうってつけだから・・・

それに対してデールは、良くも悪くもクセがある、つまり、「中低域が強め」というクセだ

この特徴が好みの人ははまるが、そうでないと・・・

しかし、今回のギターのエフェクターに関してはこのクセは「強烈に魅力的!」

力感・押し出し・中低域の強さは「おいしい!」

こう感じてるので、今回は全面的に好んで使ってる

ここで、DAC,P.P.P&P.P.P PLUSのときに触れなかったデールの抵抗のもう1つの材質的特徴について触れておこう

「リード線の材質」に特徴がある

「鉄系の素材」が使われてる→“磁性体”=磁石にくっつく

みなさん、鉄系の素材の音質って知ってますか?

鉄系の素材だと“独特のギラついた音がする(帯域がある)”のです

これが好きな人にはたまらないと思うけど・・・

私は、聴いていて「ん・・・」と感じる時があり、そのせいで鉄系のリード線を避けるようにしてる

しか~し、真空管・タマのアンプでは、デールの巻き線を“絶対に使わないとならない出力管のカソード(自己バイアスの場合)”といった状況もあります

そういう時に、一般的なのは「リード線をできる限り根本で切って、通常の配線材でリード線の代用をさせる(好みの線を使うこともできる!)」という“技”を使ったりします!

こんなことを考えたりしながら、パーツを選んでみるのはいかがでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PROSTさん コメントどうもです!
ソリストは入手性もも良く、イイですよね!
たしかに、1/4Wも入手性が良ければもっとうれしいんですけど・・・
アキバでも、フルラインアップで置いてくれる店があるといいのですが・・・
2007/11/18(Sun) 20:09 | URL  | LUCY #-[ 編集]
ソリスト
カメレスですが、ほんとそう思います。癖が無く情報量も多くモニタに適していると思います。1/4Wが入手出来れば良いのですが。
2007/11/18(Sun) 18:24 | URL  | PROST #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック