自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高の歪みを創るプロジェクト 15 自分でも・・・(自作エフェクター)
2007年11月12日 (月) | 編集 |
当然のことながら、人に勧める前に自分でもパーツのグレードアップは長期間に渡って試してる

MXR ディストーション・プラス,IBANEZ チューブスクリーマー TS9DXは、かなり長い間「自分の欲しい音を追求」してた

やったこと

MXR DISTORTION +

・すべての抵抗をデールの金皮 CMF-55に交換

・タンタルコンデンサーを数種のコンデンサーに交換

・ダイオードを他のゲルマ,1N914,1N4148,LEDを10数種,2段,1段&2段の非対称,2段&3段の非対称これも種類を変えてかなりの組み合わせ

・8ピンのディップソケットを装着し、OPアンプを数種類

・741のブランドをかなりの種類

→ 「ケミコンレス仕様」として、経年劣化による不動作を解消

MXR ディストーション・プラス自体非常にシンプルな回路だが、試すとなるとこれだけでも相当な時間を必要とした

ねらったこと

1.ヌケを良くすること

2.鮮度の高い音質にして、バンドアンサンブルでこもらないこと

3.ワイドレンジ

4.ザクザク感を生かすこと(チリチリさせない!)

5.中域を前に出し、ディストーションプラスの“ハイ上がり”を解消すること

6.ホットな感じに仕上げること

7.チューブのイカレてる感じを出したい

8.エッジが立ってること
できあがった音質

自己評価なので完全に主観的です!

MXR ディストーション・プラスを基調とするものの“もう別次元の音”になってる

おそらくブラインドテストをされたらMXR ディストーション・プラスと見抜けない(聞き分けられない)だろう

かなり“ねらいどおりの音質”は達成できたと思ってる

特に、ヌケが良く中域を前に出したチューブのイカレた感じとザクザク感はお気に入り!

せっかくなのでご紹介!

BOOSTED PLUS


あまりにオリジナルからかけ離れたので、「BOOSTED PLUS」と名付けた(笑)

LEDが2つ点灯すると「怒った顔になるデザイン」が気に入ってる

“私に似てる”との評価もあって「・・・」なんだけど

「RAINBOW」は当時、ジェイ・カビラがTVでサッカーの解説時によく叫んでいたフレーズ!

あの言い方が面白かったので、使ってみた

オリジナルパーツは、ジャック,DCアダプタジャック,基板(ラクして自分で作らず流用!)だけとなった

音に関わるパーツはすべて自分の耳で選んだモノとなっている

ダイオードの切り替えによる5WAYのトーン・セレクター,オーバードライブ・モードへの1発切り替えなど使い勝手も良くなってる

最終形態

1.別のシャーシに移動(一回り大きい、ハモンドのもの)

2.NOSのホワイトチキンのノブにチェンジ

3.ダイオードを5種ロータリースイッチで切り替え可能

 a ゲルマ1段対称

 b ゲルマ1段&2段の非対称

 c ゲルマ2段

 d 1N4148 1段対称

 e LED 1段対称

4.LM741のCANタイプを装着

5.極めつけは、もう1つフットスイッチを追加し、ダイオード・クリッパー回路をカットしたオーバードライブモード(最近言われる“ダンブル・モード”(←この表現キライ)ってヤツ)をフットスイッチ1発で切り替え可能なワイヤリング(これはものすごく実戦的だと自負!)

6.オーバードライブ・モード専用のLEDを追加

※2つとも、“カラータイマー”で赤・青・黄色にじわーっと変化していくタイプ(これお気に入り!)

こいつの「オーバードライブ・モード」は非常に魅力的なサウンド!

ダイオードクリッパーをバイパスするので、信号をカットしない分ゲインが上がるし音量も上がる

→「その音量差と音色の違いがサビ・間奏でリードをとるのにベストマッチ!」

そう遠くないうちに内部を晒します(かなりいい加減なコンストラクションですが・・・苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。