自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あつものにこりて・・・ん・・・ 2
2007年09月11日 (火) | 編集 |
では、回答を・・・

選んだマザーは、個人的に最終評価を兼ねて、ASUSTEKをもう一回選んだ(これで“おちゃめ”なら2度と買わない!個人で連続して2個買えば充分でしょ!)

製品は、「P5P800 SE」

マザーボードの箱 1


オクで落とした(と~ぜん、中古です!)

このマザー、スペックがとってもステキ!

使われてるチップは、通常、「PCI EXPRESS&DDR2用」なのに、「AGP&DDRに(ムリヤリ?)対応」

おまけに、現時点ではCore2Duoに対応してない(今後するかもしれない)が、インテルが対応させてないPentium D(Dual Core)に対応させている、というASUSTEKらしい一品(キワモノ かもしれない)

→ ピンポーン 正解! こいつ かなりのキワモノ!(結果論・爆)

さらに、インテルのLANチップ(ギガビット)がオンボードだ!

→ これが決め手になった

LANチップについて

最近は、マーベルのチップばかりついてる

現在、マーベルのチップがついたものを2枚のマザーで使ってるが、やはり、LANチップはやっぱインテルがスピード・安定性ともにベストだ(試した結果、オンボードのLANを使わず、わざわざPCIにLANカードを追加して挿してまでインテルのギガLANを使ってる!)

話が脱線してしまうが、インテルの(ギガ)LANのLANカードをわざわざ買ってオンボードの代わりに使うことは経験上お薦めである!(マーケットプライスは、バルクで5,000円くらいから買えると思う,サーバー用とか、デュアルポートといった凝ったモノはもっと高いけど・・・)

話を元に戻して、以上から再利用パーツで快適・高速なポテンシャルを秘めている

CPUは、いまさらの「Pentium D925」

→ 実は、この入手が一番キツかった!

さすがに、Core2Duo全盛で、PenDシリーズは強烈な価格改定(ダウン)とともに一気に市場から消えかかっていたからだ(ほぼ枯渇した、といえる)

個人的にも、「何でいまさら、こんなの必死に捜さなきゃならない?」と感じた(苦笑)

できれば、強烈な価格改定があったので一番高クロックのモノが欲しかったが、“売れ残ってるのは価格改定以前のモノを抱えてる店ばかり”で断念!

さすがに、改訂前の価格はCore2Duoの価格を考慮すると高すぎる!

で、何とか安く見つけたのが「D925」という少々低めのクロックになってしまった(それでも、デュアルコアの3.0GHz,4MBのキャッシュ→結構豪華でしょ!)

さて、次回はお待ちかね(誰も待ってない?)“必殺技をかます”編だ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
RYUさん おひさしぶり! 元気ですか?(笑)
2007/10/13(Sat) 22:17 | URL  | lucy #-[ 編集]
お久しぶりです、LANのご経験をばちょいと拝借いたします。
2007/10/13(Sat) 13:04 | URL  | RYU #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。