自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とってもニッチなアンプ 4
2007年07月11日 (水) | 編集 |
“開腹”した!

予想どおり、けっこう高級なパーツが使われてる
開腹 1

WIMAのフィルムコンとか・・・

おまけに、青色基板だったりするし・・・

→ なんで、カー用なのに“青色基板”???

→ 豪華だわ~(爆)

それなりに“音作りを考えている”ことは感じられる

もう一つ予想どおりと思ったことが・・・

なんとなく、「OPアンプくさい音がするなぁ」と思っていた

→ 案の定JRC2068Dを使っている
開腹 2

JRCはメーカー・トーンがあると感じている どれを使っても、良い意味で、“BOSE的な音質”と感じることが多い

→ 車用としては“うまい選択”と感じた

やっぱ、JRCのOPアンプが全体的な音質をかなり左右しているなぁ・・・と開腹するとパーツを見てバイアスがかかってしまうのだった!(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アンプアンプは音声を増幅する音響機器。英語名amplifierの略称から慣例的にこのように呼ばれることが多い。入力信号の電圧、電流または電力を大きくして出力する(それぞれ、電圧増幅・電流増幅・電力増幅)電子回路である。用途、出力の大きさ、付加機能によりいくつかの
2007/07/26(Thu) 16:37:12 |  音響・カラオケ関連ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。