自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たかが、バッテリー交換(レベルだぞぉ・・・)W210(S210) 8
2007年05月25日 (金) | 編集 |
 オバカな失敗

 大容量ケミコンを2発つなぐ

→バッテリーから充電

→バッテリーに負担

 と考え、前もってACアダプターのようなもので10V程度の電圧をかけてけっこう時間をかけて充電した。

 ここまでは、「すばらしい!よくぞ思いついた!」と自画自賛状態だったが、バッテリーに完全につなぐ前に、うっかりショートをやっちまった。(太い2awgがちょろっと予期せぬ方へ動いてしまった バカだ!)

 かなり、激しくバチッをかましてしまった。

「せっかく充電したのに!」と思うよりも「あ~、ECUをつないでなくて良かった!」

 1.2F×2=2.4F/10Vでショートかましたら、“電気爆弾”

 「絶対とぶ」とはいえない 何らかの対策がされているかもしれない・・・

※ ヘタすれば、各センサーもショートでとばす可能性がある(あぶね~!)

 みなさんも、バッテリー交換などのときに“うっかりショート”をしないようにしましょうね!”

 誤表示についての推論

 ABS&BASの故障表示について

 おそらく、いっきにケミコンに充電したために、バッテリーの電圧がドロップし、高い電圧(電流?)を要求するするこの2つのセンサーが始動(初期化)できなかったため、と思う。

 後日、ディーラーのOさんに問い合わせてみた。

「この2つは何かにつけて出やすい!」とのこと。これ以外には、「SRSもよく聞く」ということであった。

→ これらが“オオカミ少年”化してしまうと困るな~(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。