自作オーディオの情報発信基地! Little Lucy "the lotus"の製作応援もキープ・オン! 真空管・DACを使って音楽を愉しむことから、新たにアウトドア,ギター,渓流釣りも加えジャンルをブロード! メール待ってま~す!(プロフィールの下の「Mail」をクリックしてネ!)
やっぱ、うれぴぃ!
2007年03月07日 (水) | 編集 |
楯 2

 4日(日)は渓流の大会にエントリー

 予選・決勝のスタイル 実力があるから出場するわけじゃなく、主催者が知り合い・・・(トホホ・・・)

 予選をラクショーで勝ち抜ける実力はなく、ホントめいっぱいがんばってギリギリ(く~ ツライ!)

 相棒のフォローもあって、決勝出場者のケツで予選突破(あっぶね~!)

 今年は降水量の少なさから水量少なく非常に喰いの渋いきっつい予選だった

 大会の場合、決勝場所は魚を多く放流している

 放流魚は、すぐにエサに食らいつくように“数日エサ止め”している

 →すぐに釣れないとイケナイ!
(釣れない場合は、釣り方のミスマッチ、場所選択ミスなど他のファクターがある)

 なのに、「決勝開始後15分以上もアタリなし」ときた! 決勝はたった1時間のタイムアタック!

 ギャラリーをバックにプレッシャーがかかる(爆)

 自分の位置はギャラリーに背を向けてる! 見えないことでさらにプレッシャーがかかる!

 ビリージョエルの曲「プレッシャー」が頭の中でこだまする!!!(うぉ~)

 →「どう釣れば釣れるか? どこにヤマメがいるか?」 ヤキの回った頭で答えを捜し続ける!

 そのとき、恐ろしい未来予想図が・・・

 →「釣果ゼロ!(自分の名前のスコアボードにゼロが刻まれる!)」

 →「あまりにみじめすぎるっ!」

 →「顔面ソーハク!心臓バクバク!」

 20分経過した辺りからついに釣れ始めた(ホッとした)結果的に4位に入った。正直いって「3位に入れなかった(シード権を逃した)くやしさ」より“ゼロの恐怖”の方がはるかに大きかった!ので表彰式後グッタリ!
楯 1

 それよりこの日「一番くやしかった!」のは、予選・決勝で“泣き尺(29cm台)”のヤマメを1匹づつ2匹も釣ったこと!
ヤマメ全景 1

 下の写真をご参照いただきたい! 見難いがものさしを置いてある 30cm(尺)に数ミリ足りないのがおわかりいただけると思う!(く~)
ものさし 1

 渓流釣りでは「尺(30cm)を1つの(評価)単位」とする

 極端な言い方をすれば、「泣き尺はノーカウント」

 「尺ヤマメ」はあこがれの対象である それほど、「尺ヤマメ」は釣れない!

 でも、うれぴぃ!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック